なぜ「野球帽」ルール明記なしでも「全員着用」? 初代から現在まで170年の歴史を紐解く (1/4) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

なぜ「野球帽」ルール明記なしでも「全員着用」? 初代から現在まで170年の歴史を紐解く

このエントリーをはてなブックマークに追加
綱島理友AERA
1956年の日本シリーズ。ともに日本初のプロ野球チーム「大日本東京野球倶楽部」で活躍した西鉄の三原脩監督(左)、巨人の水原茂監督のレジェンド対決 (c)朝日新聞社

1956年の日本シリーズ。ともに日本初のプロ野球チーム「大日本東京野球倶楽部」で活躍した西鉄の三原脩監督(左)、巨人の水原茂監督のレジェンド対決 (c)朝日新聞社

 近年にないほど世間の注目を集めたプロ野球開幕。ユニホームと野球帽姿で躍動する選手たちが、希望を与えてくれた。その野球帽、実はけっこう変化が激しいこと、ご存じですか。コラムニスト・綱島理友さんが、AERA 2020年7月6日号で球界の変化を映す奥深き野球帽の世界に誘います。

【ギャラリー】懐かしい!各球団の帽子の変遷を写真で紹介

*  *  *
 19日、コロナ禍で延期されていたプロ野球が開幕した。あらゆる意味で歴史的な今シーズン、東北楽天ゴールデンイーグルスと千葉ロッテマリーンズがデザインを変えた帽子で臨む。

 帽子の変遷は各球団の歴史そのもの。戦績、本拠地移転、合併や身売り──。「あまり興味が無い」という人には、お題を一つ。昭和の天才、手塚治虫と岡本太郎が関わった帽子がそれぞれ二つずつあるので、ぜひ探してみてほしい。

 意外に思うかもしれないが、「ゲーム中、野球帽をかぶらなければならない」というルールはない。一部、高校野球の高野連などがローカルルールで帽子着用を規定しているケースもあるが、MLBや日本のプロ野球が採用する「公認野球規則」には、選手に帽子をかぶることを義務付ける記述はないのだ。

 ちなみにユニホームの項目には、「チームと同一のユニホームを着用していない選手は、ゲームに参加できない」という規定がある。これを言葉通りに解釈すると、一人だけ帽子をかぶらないのはルール違反だが、チーム全員が無帽なら、試合出場も可能と考えられる。

 しかし野球で帽子をかぶらないチームはない。プロもアマチュアも、アメリカも日本も選手は必ず野球帽をかぶっている。

 なぜ、野球選手は帽子をかぶるのか?

 アメリカで、何人もの野球関係者にこの疑問をぶつけてみた。球団関係者、野球殿堂博物館の学芸員、MLBに野球帽を供給するニューエラ社の社長に至るまで、多くの人が異口同音に、その理由として答えてくれたのが「伝統だから」だった。

 野球の歴史の中で最初に使用された野球帽は、現在とは違う形だった。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい