実ははずしてOK! ジョギング中や散歩中のマスク装着に「科学的合理性なし」

新型コロナウイルス

2020/06/30 07:00

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、マスク着用もはや当たり前になった。常につけねばならないのか、どんなときならはずしていいのか。ナビタスクリニック理事長の久住英二さん、京都大学ウイルス・再生医科学研究所准教授の宮沢孝幸さんが解説する。AERA2020年7月6日号から。

あわせて読みたい

  • ジムやプール、温泉の感染リスクはこう防げ!  感染予防Q&A

    ジムやプール、温泉の感染リスクはこう防げ! 感染予防Q&A

    AERA

    7/5

    マスクは性能ごとに使い分け 空気の抜け穴ウレタンは不織布の10倍

    マスクは性能ごとに使い分け 空気の抜け穴ウレタンは不織布の10倍

    AERA

    2/3

  • 「アベノマスク」に国民ズッコケ 12年前に指摘されていた効果の限界

    「アベノマスク」に国民ズッコケ 12年前に指摘されていた効果の限界

    週刊朝日

    4/13

    会食の感染リスクは「飛沫」にあり 寿司や生もの、ラーメンのリスクは?

    会食の感染リスクは「飛沫」にあり 寿司や生もの、ラーメンのリスクは?

    AERA

    7/1

  • 手袋はむしろ危険 食材や宅急便の箱を「消毒しなくていい」科学的理由

    手袋はむしろ危険 食材や宅急便の箱を「消毒しなくていい」科学的理由

    AERA

    7/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す