コロナ禍で「葬儀離れ」に逆風 「つながりたい」「祈りたい」思い強まる

新型コロナウイルス

2020/06/06 09:00

 新型コロナウイルスで大切な人を失うと、遺族でつながることも悲しみを分かち合うこともできない。簡略化が進んでいた葬儀の存在が見直され始めている。AERA 2020年6月8日号から。

あわせて読みたい

  • 最期に会えない、手も握れない 新型コロナのつらい別れと遺族支えるグリーフケア

    最期に会えない、手も握れない 新型コロナのつらい別れと遺族支えるグリーフケア

    AERA

    6/6

    「大往生」でも悲しみは深い 親の死で直面する「悲嘆のプロセス」とは?

    「大往生」でも悲しみは深い 親の死で直面する「悲嘆のプロセス」とは?

    AERA

    3/21

  • 人は「喪失」とどうつきあってきたのか? JR福知山線事故、震災…現場の声から読み解く現在

    人は「喪失」とどうつきあってきたのか? JR福知山線事故、震災…現場の声から読み解く現在

    dot.

    4/13

    日本の死生観に魅せられた米国人教授が危惧する“葬式不要論”

    日本の死生観に魅せられた米国人教授が危惧する“葬式不要論”

    週刊朝日

    12/18

  • コロナ“疑い”で病院からすぐに火葬場へ…顔さえ見られない葬儀の実態

    コロナ“疑い”で病院からすぐに火葬場へ…顔さえ見られない葬儀の実態

    週刊朝日

    8/25

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す