きょうだい二人が発達障害に 「支援級」に行かせるべき? (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

きょうだい二人が発達障害に 「支援級」に行かせるべき?

このエントリーをはてなブックマークに追加
玉居子泰子AERA#AERA with Kids#子育て#発達障害
相談先を多く持つことが大切だ(写真/iStock)

相談先を多く持つことが大切だ(写真/iStock)

  入学や進級に伴い、何かと変化が多い時期。とくに子どもの発達に特性がある場合、新しい環境になじめるだろうかと不安に思うことでしょう。小学校入学後でも通級指導学級/特別支援教室等の支援を利用するのか、悩む親は少なくありません。

「AERA with Kids春号」(朝日新聞出版刊)では、Twitterやブログ「うちの子流~発達障害と生きる」などで発達障害児との日常や学校での様子を発信し、話題となっているなないおさん(仮名)に取材。姉(新中3)と弟(新中1)で異なる特性を持つ子どもたちに寄り添い、悩みながらもベストな選択を目指してきたなないおさんに、発達障害児の学校生活で気をつけてきたことをうかがいました。

【図】医師100人へのアンケート 発達障害とは何か?

* * *
 長女が発達障害と診断されたのは4歳のとき。ADHDと同時にアスペルガーの特性もあるとわかり、驚きました。2歳だった息子も念のため診てもらうと広汎性発達障害とのこと。手がかからない子でしたが、人とのかかわりを好まない傾向は確かにありました。

 小学校入学時には通常学級(普通級)か通級指導学級(通級)、特別支援学級(支援級)でずいぶん迷いました。娘は、幼稚園と療育での様子から集団行動をとれるとわかっていたのと、多くの友達とかかわりたいタイプだったため、普通級を選びました。

 ただ、障害を理解してくれる環境は欲しくて、月2日の通級を希望。ADHD特有の運動のぎこちなさを補足するためのリコーダーや体育の個別指導、グループの会話に入っていく際のコミュニケーションの取り方などを学びました。3、4時間目にクラスを抜けて別の学校に行くので、周囲に「なんでいなくなるの?」と聞かれ、困ったことも。担任が全員の前で、特別支援とは何かを説明してくれたおかげで、その後はいじめにあうこともなく、ありがたかったです。

 一方、息子は入学前の見学の時点で「支援級がいい」と希望しました。聴覚過敏が強く、大勢の中では刺激が強すぎて疲れてしまうのです。幼稚園の先生からも少人数の落ち着いた環境がいいだろうと言われ、支援学級に進みました。実はうちの自治体には「交流学級」というしくみがあり、国語と算数以外の多くの授業は普通級で受けることに。支援級と普通級、どちらにも居場所があるのはいい環境でした。

 


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい