マスク再利用・手作りは「推奨せず」「効果不明」 それでも需要急騰が止まらない理由

新型コロナウイルス

2020/03/11 11:30

 新型ウイルスの感染拡大に伴い、マスク不足が深刻化している。急騰する需要に加え、 中国からの輸出減少が背景にある。花粉シーズンを迎え、現状はしばらく続く見込みだ。 AERA2020年3月16日号から。

あわせて読みたい

  • マスクブローカーが暴露「世界的争奪戦に敗れる日本政府」の実情 「供給増」はウソだ!

    マスクブローカーが暴露「世界的争奪戦に敗れる日本政府」の実情 「供給増」はウソだ!

    AERA

    4/13

    マスクが店頭から消えた背景に「ゲーム理論」 自分だけ損したくない

    マスクが店頭から消えた背景に「ゲーム理論」 自分だけ損したくない

    AERA

    6/25

  • 「アベノマスク」に国民ズッコケ 12年前に指摘されていた効果の限界

    「アベノマスク」に国民ズッコケ 12年前に指摘されていた効果の限界

    週刊朝日

    4/13

    マスク触っていいのは耳ヒモだけ 医師が教える「効果を最大限に高める使い方」

    マスク触っていいのは耳ヒモだけ 医師が教える「効果を最大限に高める使い方」

    AERA

    2/20

  • 国会議員は市販マスクを着用できているのはどうして?

    国会議員は市販マスクを着用できているのはどうして?

    週刊朝日

    4/23

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す