医療的ケア児の通学をあきらめない “前例ない”覆した主治医の言葉とは?

2020/02/07 08:00

 看護師らのケアが必要な「医療的ケア児」にとって、保護者の付き添いを求める学校現場の対応が大きな壁になっている。国や自治体が保護者なしで通学できる体制を整え始めているが、学校現場の対応は依然として消極的だ。そんな中、前例がなかった受け入れを実現させた事例がある。AERA2020年2月10日号は、実現に至った経緯を取材した。

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す