「通学したい!」障害児に立ちはだかる「付き添い」の壁 国が支援しても現場が動かない理由とは?

ヘルス

2020/02/06 11:30

 学校生活に親や看護師らのケアが必要な子どもたちがいる。国は親が付き添わず通学できる態勢を整備するよううながしているが、教育現場の腰は重い。課題はどこにあるのか。AERA2020年2月10日号で掲載された記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 親が付き添わないと学校に行けない!医療的ケアが必要な子どもたちの現状

    親が付き添わないと学校に行けない!医療的ケアが必要な子どもたちの現状

    AERA

    1/26

    医ケア児の学校生活と保護者の負担減らすには 長女が前例ない「酸素導入」を実現するまで
    筆者の顔写真

    江利川ちひろ

    医ケア児の学校生活と保護者の負担減らすには 長女が前例ない「酸素導入」を実現するまで

    AERA

    7/27

  • 「親としての自分を大切に」 医療的ケア児支援法施行に障害を持つ子の親と専門家が語り合った
    筆者の顔写真

    江利川ちひろ

    「親としての自分を大切に」 医療的ケア児支援法施行に障害を持つ子の親と専門家が語り合った

    AERA

    8/24

    医療的ケア児の通学をあきらめない “前例ない”覆した主治医の言葉とは?

    医療的ケア児の通学をあきらめない “前例ない”覆した主治医の言葉とは?

    AERA

    2/7

  • 「知らない」から「怖い」を超えるために 医ケア児支援法に当事者と専門家が伝えたいこと
    筆者の顔写真

    江利川ちひろ

    「知らない」から「怖い」を超えるために 医ケア児支援法に当事者と専門家が伝えたいこと

    AERA

    8/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す