30代以降にスタートしたい人は「他人の傷を理解してあげて」 しいたけ.さんがアドバイス (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

30代以降にスタートしたい人は「他人の傷を理解してあげて」 しいたけ.さんがアドバイス

連載「午後3時のしいたけ.相談室」

このエントリーをはてなブックマークに追加
しいたけ.AERA#しいたけ.
しいたけ./占師、作家。早稲田大学大学院政治学研究科修了。哲学を研究しながら、占いを学問として勉強。「VOGUE GIRL」での連載「WEEKLY! しいたけ占い」でも人気

しいたけ./占師、作家。早稲田大学大学院政治学研究科修了。哲学を研究しながら、占いを学問として勉強。「VOGUE GIRL」での連載「WEEKLY! しいたけ占い」でも人気

※写真はイメージ(gettyimages)

※写真はイメージ(gettyimages)

 例えば「徹夜してでも仕事を終わらせないと気がすまない」人と、「来週に回せばいいじゃん」と考える人。どちらが正しいかではなく「それも正しいよね」と言える人が、人の傷を理解できる人だと思うのです。誰かとお付き合いすることは「自分の正しさから降りることができるか」も毎日のように試されます。相手の傷を理解しようとする優しさがあれば、いい友人関係になれるはず。婚姻関係の前に、まずは「いい友人関係」を目標にしてみてください。

 婚活についてアドバイスするなら、月に1回でいいから自分をもてなす日を作ってください。好物を手作りして食べるとか、部屋にお花を置くとか。パートナーや親友ができるときって、その人が持っているハッピーの香りに、人は惹かれるから。おいしい定食屋さんがなんとなく外からでもわかるみたいに、幸せの匂いって、外に向かって出てくるものです。自分をねぎらうのは、寝っ転がってのピザポテトでもいい。努力によって幸せになることも大事なんだけど、今の自分が幸せだと実感するのも大事です。

 おひつじ座は五輪やお祭りには「乗っかりたい」イベント屋さん。みんなを明るくしてくれる、必要とされる人たちです。お祭りを届けるのがおひつじ座の使命だし、そこに尊さがある。あやかりたい気持ち、大事にしてください。

AERA 2020年2月3日号


トップにもどる AERA記事一覧

しいたけ.

しいたけ./占師、作家。早稲田大学大学院政治学研究科修了。哲学を研究しながら、占いを学問として勉強。「VOGUE GIRL」での連載「WEEKLY! しいたけ占い」でも人気

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい