脳を騙してリアルに見せる? 葛飾北斎の画が最高級デジカメの100倍の解像度で蘇る

2019/12/03 08:00

 葛飾北斎の代表作「冨嶽三十六景」が、20億画素という解像度でデジタル化された。実に、最高級デジタルカメラの約100倍だ。桜の花びら一枚一枚、水しぶき一粒一粒が、鮮やかに蘇る。デジタル技術が生まれた背景と、今後さらに期待できることを探った。AERA 2019年12月2日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 【葛飾北斎】20億画素の解像度でデジタル化してみたら

    【葛飾北斎】20億画素の解像度でデジタル化してみたら

    12/3

    北斎は「嫌いな浮世絵師No.1」だった? 日本人が意外に知らない天才絵師の素顔

    北斎は「嫌いな浮世絵師No.1」だった? 日本人が意外に知らない天才絵師の素顔

    AERA

    4/24

  • 110歳まで生きるつもりだった? 北斎の自伝から見える“向上心”

    110歳まで生きるつもりだった? 北斎の自伝から見える“向上心”

    AERA

    4/24

    天才絵師再びの大ブームにどんな背景が

    天才絵師再びの大ブームにどんな背景が

    4/24

  • コロナ禍だからこそ、新パスポートに入れてほしかった北斎の“あの作品”
    筆者の顔写真

    鈴子

    コロナ禍だからこそ、新パスポートに入れてほしかった北斎の“あの作品”

    dot.

    10/31

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す