圧迫感は?騒音は? 駅構内とカラオケボックスのワーキングスペースを記者が体験 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

圧迫感は?騒音は? 駅構内とカラオケボックスのワーキングスペースを記者が体験

このエントリーをはてなブックマークに追加
川口穣AERA#働き方
JR東日本「STATION BOOTH」※撮影のために扉を開放しています/場所:東京・新宿・池袋・立川のJR駅構内 利用料:15分275円(現在キャンペーン中で165円、終了時期未定)利用時間:東京・新宿・池袋は7時~21時30分、立川は月~土10時~21時30分、日祝10~21時(撮影/編集部・川口穣)

JR東日本「STATION BOOTH」※撮影のために扉を開放しています/場所:東京・新宿・池袋・立川のJR駅構内 利用料:15分275円(現在キャンペーン中で165円、終了時期未定)利用時間:東京・新宿・池袋は7時~21時30分、立川は月~土10時~21時30分、日祝10~21時(撮影/編集部・川口穣)

ビッグエコー「オフィスボックス」/場所:葛西店・行徳駅前店を除く全店で実施 利用料:1時間・1人660円(4人以下の場合。5人以上は別プラン)でコーヒーなどが飲み放題。法人提携プランもある 利用時間:平日の開店から19時まで(撮影/編集部・川口穣)

ビッグエコー「オフィスボックス」/場所:葛西店・行徳駅前店を除く全店で実施 利用料:1時間・1人660円(4人以下の場合。5人以上は別プラン)でコーヒーなどが飲み放題。法人提携プランもある 利用時間:平日の開店から19時まで(撮影/編集部・川口穣)

 テレワークの導入などの影響で、職場以外で仕事をする人が増えた昨今。巷には様々なタイプのワーキングスペースが誕生している。AERA 2019年11月25日号に掲載された記事を紹介する。

【写真】カラオケボックスが職場に?

*  *  *
 約束の時間まであと30分。最寄り駅に着いたが、待ち合わせ場所へ向かうにはまだ早い。とは言え、カフェに入る時間はない。そんなときにピッタリなワーキングスペースが、JR新宿駅にある「STATION BOOTH」だ。甲州街道改札の雑踏のなか、改札のすぐ先(構内側)に大型の電話ボックスのようなブースが四つ並んでいる。個室型のワーキングスペースで、15分単位で予約・利用できる。JR東日本事業創造本部の中島悠輝さんはこう話す。

「駅という移動ロスがもっとも少ない空間で、効率的に仕事をできるスペースをつくりたいと企画、開発しました」

 開業から2カ月で、延べ3500人が利用したという。新宿駅の他にも東京駅、池袋駅、立川駅に設置されているが、拠点数を増やしてほしいという要望も多く、検討を進めているという。

 最初トビラを開けた際は狭いと感じたが、実際に座ると足元には余裕があり、圧迫感もない。構内放送や話し声がなんとなく聞こえてくる。この空間で無音だと少々怖いが、程よいざわめきが集中力を高めてくれそうだ。長時間仕事をするには狭さが気になりそうだが、短時間なら移動のロスも少なくちょうどいい。

 ただし、STATION BOOTHは一部に2人用もあるが、基本は1人用だ。出先で打ち合わせには使えない。かといって、オープンスペースで仕事の話をするのははばかられる。そんなとき便利なのがカラオケボックスだ。

 複数人にせよ、単独にせよ、カラオケで仕事をする人は昔からいた。だが、カラオケ大手のビッグエコーでは通常利用とは別に、「オフィスボックス」というビジネス向けプランを用意している。ビッグエコーを運営する第一興商の川崎敏史さんは導入の経緯をこう話す。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい