従業員の脳波データ収集で仕事効率化も 「ブレインテック」の現状と課題

2019/11/12 08:00

「脳の見える化」を図るテクノロジーを利用して時間管理や仕事の効率化、脳の活性化につなげていく──。そんな未来がすぐそこまで来ている。脳科学とITを組み合わせた「ブレインテック」をめぐる現状と課題を探った。AERA 2019年11月11日号に掲載された記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 早すぎたスティーブ・ジョブズのアート思考 「当たり前」に邪魔されない考え方とは?

    早すぎたスティーブ・ジョブズのアート思考 「当たり前」に邪魔されない考え方とは?

    AERA

    1/31

    AK-69の楽曲がトップアスリートの脳波に影響、プロボクサー井岡選手らへの実験で証明

    AK-69の楽曲がトップアスリートの脳波に影響、プロボクサー井岡選手らへの実験で証明

    Billboard JAPAN

    3/12

  • 脳科学が解明したプロ棋士とアマチュアの差 「長考に妙手なし」の通りの結果に

    脳科学が解明したプロ棋士とアマチュアの差 「長考に妙手なし」の通りの結果に

    AERA

    10/3

    右脳に比べ左脳が活発な人は幸福感高い! 米大学が研究

    右脳に比べ左脳が活発な人は幸福感高い! 米大学が研究

    AERA

    10/10

  • オンライン疲れに負けないための「脳トレ」のすすめ 「頭を洗いながらしりとり」も有効

    オンライン疲れに負けないための「脳トレ」のすすめ 「頭を洗いながらしりとり」も有効

    AERA

    9/2

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す