日本襲う「南京虫の2020年問題」 トランプ大統領のリゾートも白旗か

2019/11/09 08:00

 国内で南京虫(トコジラミ)の被害が増えている。繁殖力が強く完全に駆除するのも容易ではなく、刺されれば激しいかゆみが襲う。旅行者により持ち込まれている可能性が高いことから、来年の東京五輪で被害拡大が懸念されている。AERA 2019年11月11日号に掲載された記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 火の付いたようなかゆみの荒波が… 米国発「南京虫」被害が国内で急増中

    火の付いたようなかゆみの荒波が… 米国発「南京虫」被害が国内で急増中

    AERA

    11/8

    致死率25%…怖すぎる“殺人ダニ”に要注意! 「日本人が経験したことのない恐怖の感染症」

    致死率25%…怖すぎる“殺人ダニ”に要注意! 「日本人が経験したことのない恐怖の感染症」

    AERA

    6/16

  • ふれあった動物がエサになる 残酷な「園内リサイクル」

    ふれあった動物がエサになる 残酷な「園内リサイクル」

    AERA

    2/19

    シロアリを探せ!働くわんこ、島を旅してシロアリ探知

    シロアリを探せ!働くわんこ、島を旅してシロアリ探知

    dot.

    3/27

  • 池田清彦教授 フランスの“虫取り放題”のキャンプに感動

    池田清彦教授 フランスの“虫取り放題”のキャンプに感動

    週刊朝日

    4/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す