若者のジーンズ離れの理由は? 売り上げが20年前の半分まで低迷する店も

2019/11/10 11:30

 若者を中心にジーンズの売れ行きが落ちている。中でも、最もメジャーな価格帯の1万円以下が売れないという。かつて「若さ」や「自由」の象徴だったジーンズの人気が低迷しているのはなぜか。AERA 2019年11月11日号に掲載された記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • ジーユーが兄貴分のユニクロをたぶん追い抜く理由

    ジーユーが兄貴分のユニクロをたぶん追い抜く理由

    ダイヤモンド・オンライン

    12/5

    メルカリで「ユニクロ」が定価より高くても売れる理由

    メルカリで「ユニクロ」が定価より高くても売れる理由

    AERA

    9/9

  • 私が「あの時のあのユニクロ」を着続ける理由

    私が「あの時のあのユニクロ」を着続ける理由

    AERA

    6/24

    ユニクロ「ロンパース」160サイズまで展開も ファッション業界に多様性の波

    ユニクロ「ロンパース」160サイズまで展開も ファッション業界に多様性の波

    AERA

    1/1

  • 【美意識ある生活】植物の香りが、冬の鼻と喉をいたわる 「ニールズヤードのチェストラブ」

    【美意識ある生活】植物の香りが、冬の鼻と喉をいたわる 「ニールズヤードのチェストラブ」

    週刊朝日

    11/17

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す