世界で最もクールな書店「誠品」が台湾から上陸 日本の建築シーンにも「中華の風」? (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

世界で最もクールな書店「誠品」が台湾から上陸 日本の建築シーンにも「中華の風」?

清野由美AERA
誠品生活日本橋は「書籍」「文具」「セレクト物販・ワークショップ」「レストラン・食物販」の4ゾーンで構成。台湾料理「フージンツリー」、老舗茶荘「ワンダーチュアン」など日本初出店の店も(撮影/写真部・片山菜緒子)

誠品生活日本橋は「書籍」「文具」「セレクト物販・ワークショップ」「レストラン・食物販」の4ゾーンで構成。台湾料理「フージンツリー」、老舗茶荘「ワンダーチュアン」など日本初出店の店も(撮影/写真部・片山菜緒子)

姚仁喜(クリス・ヤオ)氏。東海大学(台湾)を経てカリフォルニア大学バークレー校で修士号。代表作に「蘭陽博物館(台湾)」「烏鎮劇院(中国)」など(撮影/植田真紗美)

姚仁喜(クリス・ヤオ)氏。東海大学(台湾)を経てカリフォルニア大学バークレー校で修士号。代表作に「蘭陽博物館(台湾)」「烏鎮劇院(中国)」など(撮影/植田真紗美)

「建築で大切なものは、人々の記憶を呼び覚ますことと、その場を劇場にして、訪れた人たちがドラマを感じ、演じることができるセッティングです」

 今回は日本橋という場所の来歴に着目。江戸時代に発表された絵巻「熙代勝覧」に活写された町の様子を、店舗デザインに取り入れたという。

「日本橋の町並みは、千年ほど前の中国絵巻に描かれたものとそっくりなんです。でも、一つだけ、大きな違いがある。江戸の町並みには『のれん』があること。商品を前面に出して売ろうとするのではなく、のれんをくぐった奥で、客と店主が信頼関係を結ぶ。そこが誠品の精神にも通じています」

 その言葉通り、「回」の字形のフロアには回廊と藍色の「のれん」が配され、江戸時代の往来のような雰囲気を醸し出す。天井を見ると、四角い灯籠型の照明「九宮灯」に、松尾芭蕉の俳句が浮かび上がる。

 世界中の都市が、声高なメガブランドショップに埋め尽くされるご時世だが、ひそやかさ、繊細さ、親密さを愛する感性で、台湾と日本は通じ合う。

「私は黒沢明、小津安二郎の映画も好きですし、現代日本の建築家、クリエイターの仕事にも、常に注目しています。日本のデザインは、わび、さび、禅をルーツに持ち、それらをすぐれた現代性に表現している。背後には、中国と日本の歴史的な文化の連続性があります」

 長く欧米を手本にしてきた日本の商業と建築シーンにも、千年以上のつきあいがある中華の風が吹くようになった。(ジャーナリスト・清野由美)

AERA 2019年10月14日号


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい