目を離したすきにトイレにすっぽり 赤ちゃんの事故を防ぐには?

現役保育士が指南! 赤ちゃんはやわじゃない

AERAオンライン限定

2019/08/24 11:30

 赤ちゃんがけがをするのはとても悲しいことです。ケガをするのは屋外ばかりではありません。室内で過ごすことが多い赤ちゃんは、室内でケガをします。室内には、赤ちゃんに触ってほしくないものがあるので、事故やケガにならないように排除する必要があります。赤ちゃんを24時間ずっと見守りつづけることはできません。今回は、いつ起こるかわからない室内での事故やケガが起こる前に、家の中の「ここ危ないかも?」という場所をチェックして、赤ちゃんが安全で過ごしやすい環境に整える方法を話します。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す