蜷川実花監督が描く「史上最高に色っぽいダメ男」太宰治を小栗旬が熱演 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

蜷川実花監督が描く「史上最高に色っぽいダメ男」太宰治を小栗旬が熱演

映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」ジャパンプレミア レポート

このエントリーをはてなブックマークに追加
熊澤志保AERA#AERAオンライン限定
7月25日、映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」ジャパンプレミアが都内で行われた。写真左から蜷川実花監督、二階堂ふみさん、小栗旬さん、沢尻エリカさん、成田凌さん(撮影/写真部・小山幸佑)

7月25日、映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」ジャパンプレミアが都内で行われた。写真左から蜷川実花監督、二階堂ふみさん、小栗旬さん、沢尻エリカさん、成田凌さん(撮影/写真部・小山幸佑)

劇場広報から舞う花びらのなか、登場した小栗旬さんと主要キャストら(撮影/写真部・小山幸佑)

劇場広報から舞う花びらのなか、登場した小栗旬さんと主要キャストら(撮影/写真部・小山幸佑)

 9月13日から全国公開される映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」のジャパンプレミアが、7月25日、都内で行われた。花びらが舞うなか、主演の小栗旬さん、沢尻エリカさんら主要キャストと、メガホンをとった蜷川実花監督が登場すると、観客たちが大きな拍手で迎えた。

【写真特集】登壇した主演の小栗旬さん、沢尻エリカさんら(全7枚)

「人間失格~」は、晩年の太宰治と、妻の津島美知子、愛人で弟子の太田静子、愛人で最後の女となった山崎富栄の関係を濃密に描いた、蜷川監督初のオリジナル作品。美知子を宮沢りえさん、静子を沢尻さん、富栄を二階堂ふみさんが演じた。

 太宰治を演じた小栗さんは、「究極のモテ男にしてダメ男」という衝撃的な紹介を受け、「エキセントリックでセンセーショナルな映画になっています」と笑顔であいさつした。

 蜷川監督は、「現場から手応えしか感じなくて、すごいものが撮れているんじゃないかと思いながら過ごしていました。完成したものを観ても、『なんでこんなすごいものが撮れちゃったんだろう』。私だけの力じゃなくて、ありとあらゆる奇跡が重なってできた映画だと思っています」と自信をのぞかせた。

 当初、監督のもとにきたのは、太宰治の小説「人間失格」の映画化の話だったという。太宰について調べていくうちに、手記を残した3人の女性を通じて見えてくる、太宰の人生そのものに興味を持った。脚本をつくっていくうち、太宰役は「小栗くんしかいないと考えるようになった」(蜷川監督)という。

 小栗さんは撮影を、「楽しい半分、しんどい半分」と振り返った。

「沢尻さんとは素敵なラブストーリーを、ふみちゃんとはドロドロして過ごした時間もありましたし、成田(凌)くんには大体文句を言ってるという。みんなとそれぞれ素敵な楽しい時間を過ごせました。太宰はいろいろな人を裏切っていくので、それが積み重なっていくと、しんどくなっていきましたね。後半に向けて太宰はどんどん追い詰められていくので、それも楽しんでいただけたら」(小栗さん)


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい