新生ドリボ! 上半身を脱ぐパフォーマンスで目指せ細マッチョ (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

新生ドリボ! 上半身を脱ぐパフォーマンスで目指せ細マッチョ

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA
帝国劇場に飾られている「ドリームボーイズ」のポスター 撮影/東川哲也(写真部)

帝国劇場に飾られている「ドリームボーイズ」のポスター 撮影/東川哲也(写真部)

 ジャニーズの人気タレントが演じてきた舞台「ドリームボーイズ(通称ドリボ)」は、ボクシングを題材に若者たちの夢や挫折、友情を描く。新生ドリボを受け継いだのはKing & Princeの岸優太さん、神宮寺勇太さん、ジャニーズJr.の高橋優斗さんと岩崎大昇さんだ。

*  *  *
──普段から共演する機会も多い4人ですが、さすが先輩と思うこと、逆に後輩ながら尊敬できることを教えてください。

岩崎大昇(以下、岩崎):いっぱいあります。神宮寺くんは立ち姿が最高なんですよ。リハーサルとかで前にスッと立っただけで「神宮寺です……」みたいな。東山紀之さんに通じるカッコよさがあります。

神宮寺勇太(以下、神宮寺):アハハハ!

高橋優斗(以下、高橋):わかる。神宮寺くんはいつも場の中心にいて、カッコイイ雰囲気を醸し出しています。後輩にも優しいですしね。バイクや車も好きで男らしいイメージがあるので、そういう意味でチャンプと重なります。

神宮寺:うれしい。お返しで言うわけじゃないけど、彼らを始め、今のジュニアは自己プロデュースがすごく上手だし、本当にしっかりしてる。みんなを見てると僕も一つ一つ頑張らなきゃなって、初心に戻れます。

岸優太(以下、岸):優斗は自立心があって特にしっかりしてるからね。大昇は、彼を嫌う人は誰もいないっていうくらい憎めないかわいさがある。でもパフォーマンスになればばっちり決めてかっこいい。

高橋:ありがとうございます! 岸くんは…………。

岸:え、なんかあるよね? ね?

高橋:えーと……なんでしょう。

岸:お~い! ウソでもいいから詰まるな~。

全員:(笑)

高橋:岸くんがそういう感じで来たから合わせただけで、もちろんありますよ! 岸くんは僕が知るなかでもトップクラスに何事にも一生懸命で全力な先輩。本当に尊敬しています。それと、お芝居に入ると空気が変わるんですよ。

岸:笑いの空気ってこと?

高橋:だから違いますよ(笑)。スイッチが替わるというかパッと役に入る感じがあってすごいんです。だから座長の近くで学ばせてもらおうと思ってます。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい