赤ちゃん時の環境で将来メタボの可能性も…肥満リスク下げる育て方

出産と子育て

2019/07/05 11:30

 中高年になってたまりやすい内臓脂肪だが、実は胎児期から3歳くらいまでの環境の影響を強く受けることがわかってきた。

あわせて読みたい

  • 小さく生まれた赤ちゃんの母親 母乳止まりうつに…退院後も発達の不安抱え孤独

    小さく生まれた赤ちゃんの母親 母乳止まりうつに…退院後も発達の不安抱え孤独

    AERA

    11/17

    NICUの赤ちゃん「こんなに小さくて育つだろうか…」と責める母親への言葉がけ

    NICUの赤ちゃん「こんなに小さくて育つだろうか…」と責める母親への言葉がけ

    dot.

    7/5

  • 血圧に血糖値、尿酸値…内臓脂肪を減らして改善! やせるべき目安とは?

    血圧に血糖値、尿酸値…内臓脂肪を減らして改善! やせるべき目安とは?

    AERA

    7/4

    赤ちゃんの「その後の人生にもかかわる」…命をつなぐ母乳バンク 我が子亡くした後も搾乳、寄付する人も

    赤ちゃんの「その後の人生にもかかわる」…命をつなぐ母乳バンク 我が子亡くした後も搾乳、寄付する人も

    AERA

    10/30

  • 消費税増税で日本の少子化が加速する?

    消費税増税で日本の少子化が加速する?

    BOOKSTAND

    10/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す