なぜ関西弁は話者同士の協力が前提なのか? 非関西人が知らない倫理観

2019/06/06 08:00

「オチのない話はしない」「人の話は一回転がす」「会話のラリーは続ける」──。いくつかの関西的コミュニケーションの鉄則とでもいうべきものがある。話者同士の協力を前提とする話し方だ。背景には何があるのか。大阪の岸和田生まれ、岸和田育ちでエリア誌「ミーツ・リージョナル」の編集長を長年務めた江弘毅(こうひろき)さん(60)はこう言う。

あわせて読みたい

  • ビジネスシーンの関西弁に賛否“暗黙のルール”に悩む声も

    ビジネスシーンの関西弁に賛否“暗黙のルール”に悩む声も

    AERA

    6/6

    あなたは大丈夫? 取引先に失礼な「最強のダメール」とは

    あなたは大丈夫? 取引先に失礼な「最強のダメール」とは

    AERA

    7/17

  • 出世するビジネスパーソンが使う、英語の「敬語」とは?

    出世するビジネスパーソンが使う、英語の「敬語」とは?

    dot.

    8/6

    半沢直樹の著者に学ぶ 仕事で「ビジネス用語」を使うべき

    半沢直樹の著者に学ぶ 仕事で「ビジネス用語」を使うべき"3つの理由"

    BOOKSTAND

    10/7

  • いまや絶滅寸前!? 上品で柔らかな「船場言葉」とは?
    筆者の顔写真

    黒川博行

    いまや絶滅寸前!? 上品で柔らかな「船場言葉」とは?

    週刊朝日

    8/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す