遺族は「元気出して」の励ましに傷つくことも……適切な対応は? (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

遺族は「元気出して」の励ましに傷つくことも……適切な対応は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
深澤友紀AERA
下手な励ましは遺族を傷つける(AERA 2019年3月25日号より)

下手な励ましは遺族を傷つける(AERA 2019年3月25日号より)

 一番嫌がられていたのは、死別の良い側面を強調するよう言葉がけ。例えば「これであなたも自分の時間が取れるようになったじゃない」という言葉は、言われた遺族の93%が助けにならなかったと感じていた。「寿命だったのよ」「いつまでも泣いていたら故人が悲しむ」など、慰めや励ましのつもりの言葉が逆に傷つけてしまう場合もある。
 
 60歳のときに母親(享年87)を亡くした女性は、葬儀の後、参列者から「お母さん、大往生でしたね」と言われてつらくなり、遺族外来を受診した。遺族が死をどう捉えているかによって、言葉の受け止め方が変わってくる。遺族のケアでは何が悲しいのかを聞くことが大事なのだが、それが難しいのは、

「遺族を前に、何を話したらいいのか戸惑って、とっさに口にしてしまう人が多いのかもしれません」(石田さん)

 死の話題がタブー視され、遺族への言葉がけにも慣れていない私たち。多死社会を迎え、死について学ぶことが必要な時期にきている。(編集部・深澤友紀)

AERA 2019年3月25日号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい