創価学会の「タブー」SNSが破る? ツイッターが公明党を揺るがす

2019/01/30 09:00

 今年は春の統一地方選と夏の参議院選挙が12年に1度重なる「選挙イヤー」。この重要な年に、公明党が試練を迎える。党を支援する創価学会員の団結力に危うさが見えつつあるるのだ。背景にはSNSの普及などもあるようだ。

あわせて読みたい

  • 公明党に「不信感」の創価学会員も…12年に1度の「選挙イヤー」党に試練

    公明党に「不信感」の創価学会員も…12年に1度の「選挙イヤー」党に試練

    AERA

    1/30

    「組織で白眼視されている」創価学会員が沖縄県知事選で反旗

    「組織で白眼視されている」創価学会員が沖縄県知事選で反旗

    AERA

    9/11

  • 「銀座クラブ通い」公明党議員を辞職に追い込んだ 「創価学会婦人部」の怒りのマグマ

    「銀座クラブ通い」公明党議員を辞職に追い込んだ 「創価学会婦人部」の怒りのマグマ

    dot.

    2/3

    公明党幹事長、創価学会員と「ズレ大きくなっているとは感じる」

    公明党幹事長、創価学会員と「ズレ大きくなっているとは感じる」

    AERA

    1/31

  • 創価学会員の乱「連立の離脱も選択肢の一つ」 婦人部ソッポで集票組織が崩壊

    創価学会員の乱「連立の離脱も選択肢の一つ」 婦人部ソッポで集票組織が崩壊

    週刊朝日

    8/5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す