ラッパー・Zeebra「ブロッコリーが活躍する意外な場所といえば…」 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ラッパー・Zeebra「ブロッコリーが活躍する意外な場所といえば…」

連載「多彩な野菜」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ZeebraAERA#Zeebra

Zeebra(ジブラ)/東京を代表するヒップホップ・アクティビスト。自身が主宰するヒップホップ専門ラジオ局「WREP」では生放送「LUNCHTIME BREAKS」(平日12~13時)のMCを、テレビ朝日「フリースタイルダンジョン」(毎週火曜日深夜1時29分~)ではオーガナイザー兼メインMCを務める。1月23日に発売される「さかいゆう」のアルバムに、「TOKYO LOVES feat. Zeebra」で参加(撮影/写真部・小原雄輝)

Zeebra(ジブラ)/東京を代表するヒップホップ・アクティビスト。自身が主宰するヒップホップ専門ラジオ局「WREP」では生放送「LUNCHTIME BREAKS」(平日12~13時)のMCを、テレビ朝日「フリースタイルダンジョン」(毎週火曜日深夜1時29分~)ではオーガナイザー兼メインMCを務める。1月23日に発売される「さかいゆう」のアルバムに、「TOKYO LOVES feat. Zeebra」で参加(撮影/写真部・小原雄輝)

ブロッコリー/原産は地中海沿岸。イタリアでケールから改良され、ヨーロッパに広まった。抗酸化作用のあるβ-カロテン、皮膚や粘膜の健康維持に役立つビタミンCが豊富で、含有量はキャベツの4倍とも。ビタミン類をなるべく損なわずに食べるには、ゆでるよりも電子レンジ加熱がおすすめ(撮影/写真部・松永卓也)

ブロッコリー/原産は地中海沿岸。イタリアでケールから改良され、ヨーロッパに広まった。抗酸化作用のあるβ-カロテン、皮膚や粘膜の健康維持に役立つビタミンCが豊富で、含有量はキャベツの4倍とも。ビタミン類をなるべく損なわずに食べるには、ゆでるよりも電子レンジ加熱がおすすめ(撮影/写真部・松永卓也)

 ヒップホップ・アクティビストのZeebraさんが「AERA」で連載する「多彩な野菜」をお届けします。1997年のソロデビューからトップとしてシーンを牽引し続け、ジャンルや世代を超えて多くの支持を得ているZeebraさん。旬の野菜を切り口に、友人や家族との交流、音楽作りなど様々なエピソードを語ります。

【この記事の写真の続きはこちら】

*  *  *
 ブロッコリーって、ゆで加減次第でずいぶん印象が変わりますよね。口の中で、芯の部分と花の部分との微妙な硬さの違いが楽しめるぐらいがいい。ゆで足りなくてゴリゴリなのも、ゆですぎてくたくたなのもダメ。最近、あんまり好きじゃないんです。原因は飛行機の機内食かもしれない。ゆですぎだし、なんか臭くて。時間が経ってるからなのかな。

 洋風なメニューの付け合わせでよく見るのがニンジン、じゃがいも、ブロッコリーのトリオ。あとの二つはいろんな料理で活躍するのに、ブロッコリーはあまり代表料理がないですよね。自分自身が硬い部分と軟らかい部分のハーモニーで自己完結しちゃってるから、料理に混ぜるより付け合わせの方がしっくりくるんでしょう。「名脇役なんだけど共演者を選ぶ」「ドラマには出ず映画だけ」みたいな独特の立ち位置なんですよ。

 でもね、最近、結婚式で投げるんです。ブーケトスならぬブロッコリートスっていって。映画専門のはずが、思わぬところで営業してた、みたいな。本人もびっくりしてるかもしれませんが。

AERA 2019年1月21日号


トップにもどる AERA記事一覧

Zeebra

Zeebra(ジブラ)/東京を代表するヒップホップ・アクティビスト。1997年のソロデビューからトップとしてシーンを牽引し続ける行動力は他に類を見ない存在で、ジャンルや世代を超えて多くの支持を得ている。

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい