日本の政治家が職場に子連れ実現できる? 海外は“授乳可”の国も

2019/01/15 09:00

 国会には育休の制度はまだない。15年には当時衆院議員だった宮崎謙介氏(37)が、同じく衆院議員だった妻・金子恵美氏(40)の出産を前に、国会本会議に欠席届を出して自主的に「育休」を取ると宣言するも、ほどなく自らの不倫騒動が起こり、議員辞職に追い込まれる。男性議員の育休が実現することはなかった。鈴木貴子衆院議員(32)が妊娠を公表し、ネットで批判されたのは17年のことだ。

あわせて読みたい

  • 地方議会議長で初の“母誕生” 女性政治家の妊娠・出産をめぐる歴史

    地方議会議長で初の“母誕生” 女性政治家の妊娠・出産をめぐる歴史

    AERA

    1/15

    物議かもした男性議員の育休 「どう取るかが大事」と男性知事

    物議かもした男性議員の育休 「どう取るかが大事」と男性知事

    AERA

    1/19

  • 議会に子連れは当たり前 小渕優子議員が見たニュージーランド国会

    議会に子連れは当たり前 小渕優子議員が見たニュージーランド国会

    AERA

    1/16

    政界の女性比率UPに向け 性別割り当てる「クオータ制」へ動き

    政界の女性比率UPに向け 性別割り当てる「クオータ制」へ動き

    AERA

    12/23

  • 小島慶子「30代女性が首相になる未来 日本ではまだ想像するのさえ難しい」
    筆者の顔写真

    小島慶子

    小島慶子「30代女性が首相になる未来 日本ではまだ想像するのさえ難しい」

    AERA

    12/21

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す