出張買取で家の不要品はいくらになる? ライターが自宅で実践 (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

出張買取で家の不要品はいくらになる? ライターが自宅で実践

このエントリーをはてなブックマークに追加
福光恵AERA
ギブソン、バルミューダなど、ブランド名があるとやっぱり強い。一方、エルメスのトートは、流行りすぎて品物がだぶついているほか、状態も悪かったため、小さい方のみ買い取りしてもらった(上記「売買不成立」は絵画など、途中で心変わりしたものも含む)(写真:福光恵、おたからや提供)

ギブソン、バルミューダなど、ブランド名があるとやっぱり強い。一方、エルメスのトートは、流行りすぎて品物がだぶついているほか、状態も悪かったため、小さい方のみ買い取りしてもらった(上記「売買不成立」は絵画など、途中で心変わりしたものも含む)(写真:福光恵、おたからや提供)

 一方、夫のギブソンの楽器はいきなりインフレが起こって、万単位の見積額が出てきた。でも、「次に買う楽器の値段」には届かなかったり、心変わりがあったりで、売却は中止となった。

 こうして、ノーブランドゆえバイオリン2千円、布トート(小)は1500円、オシャレ家電のバルミューダの電気ケトルはほぼ未使用で2千円、超音波ウォッシャー千円で、合計6500円の商いになった。

 ま、考えてみると、どれも一般の家庭にめったにないものばかりなので、どこの実家にもありそうな、意外な高額買い取り品を聞いてみた。

「碁盤や切手、勲章なども値がつくことがある。とくに切手は、中国切手ですね。中国初の年賀切手として1980年に発行された赤猿は有名で、1枚10万円以上になることも。昭和30年より前の中国切手も、海外にほとんど流出していないため、価値があります」(購買部の人)

 ちなみにこうした中国切手、最後は中国人に買い取られていくことが多いという。まあ、そんなお宝はないにしても、捨てようとしていた物に値段がつけば、無条件にうれしい。実家の片付けに、取り入れてみては。(ライター・福光恵)


トップにもどる AERA記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい