「通勤ライナー」の裏に鉄道各社の熾烈な戦い 人口減に危機感

鉄道

2018/12/23 11:30

 満員電車での“痛勤”から人々を開放する「通勤ライナー」が鉄道各社から登場している。朝夕の通勤ラッシュの時間帯に数百円の追加料金を払って「必ず座れる」列車のことで、京王や西武鉄道、東京急行電鉄などが次々と運行している。背景には何があるのか。

あわせて読みたい

  • 「400円でVIP気分」通勤ライナーで鉄道各社が“脱・痛勤”

    「400円でVIP気分」通勤ライナーで鉄道各社が“脱・痛勤”

    AERA

    12/23

    次のニコタマ、ムサコはどの駅?鉄道各社の「沿線郊外」開発戦

    次のニコタマ、ムサコはどの駅?鉄道各社の「沿線郊外」開発戦

    ダイヤモンド・オンライン

    1/29

  • “複々線化”小田急vs.“スピード”京王 「新宿ラッシュ」対決

    “複々線化”小田急vs.“スピード”京王 「新宿ラッシュ」対決

    AERA

    9/19

    通勤需要が観光需要を上回る 関東「私鉄特急戦国時代」

    通勤需要が観光需要を上回る 関東「私鉄特急戦国時代」

    dot.

    7/30

  •  “多摩ニュータウンの足”小田急多摩線 VS 京王相模原線 ただいまヒートアップ中!

    “多摩ニュータウンの足”小田急多摩線 VS 京王相模原線 ただいまヒートアップ中!

    dot.

    8/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す