眞子さまの結婚 「問題」は借金ではない 秋篠宮家が「納采の儀は行えない」と明言した理由 (1/4) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

眞子さまの結婚 「問題」は借金ではない 秋篠宮家が「納采の儀は行えない」と明言した理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
斎藤智子AERA#皇室#眞子さま

集まった人たちにこたえて手を振る眞子さま。笑顔を絶やさない/8月8日、鳥取県境港市 (c)朝日新聞社

集まった人たちにこたえて手を振る眞子さま。笑顔を絶やさない/8月8日、鳥取県境港市 (c)朝日新聞社

会見のさなか、互いに目を合わせる秋篠宮さまと紀子さま。結婚前からよく話し合い、「何ひとつ隠し事はなかった」という/11月22日(写真:代表撮影)

会見のさなか、互いに目を合わせる秋篠宮さまと紀子さま。結婚前からよく話し合い、「何ひとつ隠し事はなかった」という/11月22日(写真:代表撮影)

眞子さまと小室圭さんのこれまで(撮影/写真部・馬場岳人)

眞子さまと小室圭さんのこれまで(撮影/写真部・馬場岳人)

 秋篠宮さまの誕生日を前にした記者会見で、眞子さまの結婚問題の行方について問われたご夫妻。現状では「納采の儀」は行えないことを明らかにし、娘を思う親心を率直に吐露した。

【会見される秋篠宮さまと紀子さま、眞子さまと小室圭さんのこれまではこちら】

*  *  *
「家族として非常に難しい状況の中にありますが、私は、長女の眞子がいとおしく、かけがえのない存在として感じます」

 11月22日。「いい夫婦の日」を選んで開かれた秋篠宮ご夫妻の誕生日会見で、紀子さま(52)は、こう話した。隣には30日で53歳になる秋篠宮さま。誕生日の前に年1度、記者たちのさまざまな質問にご夫妻で率直に答える場だ。

 例年、紀子さまは、子どもたちの日常の様子や成長ぶりを丁寧に描写してきた。だが、今年は少し違った。娘に寄せる「母」の思いを、切々と訴えた。

 記者会から事前に寄せられていた質問は一言でいえば、眞子さま(27)と小室圭さん(27)の「結婚問題の行方」だ。

 眞子さまと婚約が内定していた小室さんをめぐり、スキャンダラスな報道が週刊誌をにぎわせ始めたのは、昨年後半ごろからだった。亡くなった家族の話。さらには「カネの話」が小室さんの母の婚約者だった男性から提起された。小室さんの学費や留学の費用を「貸した」とする訴えだ。当時のメールや写真、通帳といった「証拠」が繰り返し週刊誌に登場した。

 秋篠宮ご夫妻にとっては、寝耳に水だった。眞子さまですら、何も知らされていなかったようだ。ご夫妻の小室さんへの信頼が揺らぎ始めた。

 秋篠宮さまと紀子さまは学習院大学で知り合い、約5年にわたる「恋」を実らせてゴールインした。早い段階で秋篠宮さまが紀子さまにプロポーズ。紀子さまは時間をかけて気持ちを整理し、交際を重ねて二人の愛情を深めた。メールも携帯電話も普及していない時代だから、秋篠宮さまが留学した時期には国際電話で気持ちを確かめ合った。

「私たちの間では、何ひとつ隠し事はなかった」

 ご夫妻はそのころ、そう話していた。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい