ゴーン事件の弁護士が「特捜部長」時代に語った抱負 弱い立場の働く人の味方に…

企業

2018/12/01 11:59

 カルロス・ゴーン容疑者が弁護人に選んだのは、8代前の東京地検特捜部長だった。挑むのは現在の「検察のエース」。先輩と後輩が司法の場で相まみえる。

あわせて読みたい

  • ゴーン弁護人会見で外国人記者が語る「日本で社長をやりたいと思う人はいなくなる」

    ゴーン弁護人会見で外国人記者が語る「日本で社長をやりたいと思う人はいなくなる」

    dot.

    1/8

    ゴーン逮捕は勇み足? 日産のクーデターに加担した東京地検特捜部の受難

    ゴーン逮捕は勇み足? 日産のクーデターに加担した東京地検特捜部の受難

    dot.

    11/21

  • ゴーン解任でも喜べない? 日産経営陣の責任追及はこれから

    ゴーン解任でも喜べない? 日産経営陣の責任追及はこれから

    週刊朝日

    11/28

    ゴーン前会長4回目逮捕は“口封じ”? 背景に日産・ルノー連合の影

    ゴーン前会長4回目逮捕は“口封じ”? 背景に日産・ルノー連合の影

    週刊朝日

    4/10

  • ゴーン前会長徹底抗戦へ 日産経営陣に逆襲も? 日仏首脳がさや当て

    ゴーン前会長徹底抗戦へ 日産経営陣に逆襲も? 日仏首脳がさや当て

    週刊朝日

    12/2

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す