Zeebra、辛子レンコンの発想に「アホかよ!」と愛のツッコミ 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

Zeebra、辛子レンコンの発想に「アホかよ!」と愛のツッコミ

連載「多彩な野菜」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ZeebraAERA#Zeebra

Zeebra(ジブラ)/東京を代表するヒップホップ・アクティビスト。1997年のソロデビューからシーンを牽引しつづける行動力は他に類を見ない。自身が主宰するヒップホップ専門ラジオ局「WREP」で平日の12~13時、生放送「LUNCHTIME BREAKS」のMCを担当。この日はスタジオを出て、スタッフと奥渋谷をぶらり(撮影/写真:小原雄輝)

Zeebra(ジブラ)/東京を代表するヒップホップ・アクティビスト。1997年のソロデビューからシーンを牽引しつづける行動力は他に類を見ない。自身が主宰するヒップホップ専門ラジオ局「WREP」で平日の12~13時、生放送「LUNCHTIME BREAKS」のMCを担当。この日はスタジオを出て、スタッフと奥渋谷をぶらり(撮影/写真:小原雄輝)

レンコン/ビタミンCが豊富なほか、高血圧に作用するカリウムや、パントテン酸も含む。切り口を放置すると茶色くなるのはポリフェノールの一種、タンニンのせい。タンニンには抗酸化作用や消炎作用もある。切り方や加熱の仕方でさまざまな食感が楽しめる。すりおろすととろみがでて、水溶き片栗粉のかわりにも(撮影/写真部・松永卓也)

レンコン/ビタミンCが豊富なほか、高血圧に作用するカリウムや、パントテン酸も含む。切り口を放置すると茶色くなるのはポリフェノールの一種、タンニンのせい。タンニンには抗酸化作用や消炎作用もある。切り方や加熱の仕方でさまざまな食感が楽しめる。すりおろすととろみがでて、水溶き片栗粉のかわりにも(撮影/写真部・松永卓也)

 ヒップホップ・アクティビストのZeebraさんが「AERA」で連載する「多彩な野菜」をお届けします。1997年のソロデビューからトップとしてシーンを牽引し続け、ジャンルや世代を超えて多くの支持を得ているZeebraさん。旬の野菜を切り口に、友人や家族との交流、音楽作りなど様々なエピソードを語ります。

【この記事の写真の続きはこちら】

*  *  *
 形が独特すぎるんでしょうね、レンコンって。だから料理をする人も、どうしてもあの形を生かそうと思って大きめに切ってしまう。食感のバランスを考えればもっともっと細かく切ったほうがいいはずなのに、形が見えるよう大きく切るから硬すぎるんです。

 例えばちらしずし。しいたけもニンジンもかんぴょうもみんなしなっとしていて、混然一体となっておいしく食べられるのに、レンコンだけが硬い。だから僕、面倒でもレンコンだけよけて食べます。煮物もそう。同じように煮てるのに、レンコンだけが硬くて存在感を主張する。カレーのじゃがいもと同じかもしれない。お前、邪魔くさ!っていう。

 ただ、辛子レンコンは食べます。なんというか、もう力業じゃないですか。そこに穴がある。だから辛子を詰めちゃう。いや、気持ちはすごくわかる。でも、いい意味で「アホかよ」と。子どもの粘土遊びじゃないんだから、穴があるから入れりゃいいってもんじゃないでしょっていう無理くり感が好きです。といっても、一つ二つつまむぐらいですけどね。

AERA 2018年11月26日号


トップにもどる AERA記事一覧

Zeebra

Zeebra(ジブラ)/東京を代表するヒップホップ・アクティビスト。1997年のソロデビューからトップとしてシーンを牽引し続ける行動力は他に類を見ない存在で、ジャンルや世代を超えて多くの支持を得ている。

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい