認知症女性が一変 目を見る時間、距離で反応が変わる AI×フランス発ケア「ユマニチュード」 (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

認知症女性が一変 目を見る時間、距離で反応が変わる AI×フランス発ケア「ユマニチュード」

このエントリーをはてなブックマークに追加
熊澤志保AERA#シニア#ヘルス

福岡市・原土井病院では、介護者がウェアラブルのカメラを装着し、「ケア」をデータ化する実証実験が進んでいる(撮影/江藤大作)

福岡市・原土井病院では、介護者がウェアラブルのカメラを装着し、「ケア」をデータ化する実証実験が進んでいる(撮影/江藤大作)

認知症ケア「ユマニチュード」のデータ化を進めるエクサウィザーズの坂根裕さん(中)らスタッフと、東京医療センターの本田美和子医師。AIによるコーチングを実装し、教育と普及に役立てるという(撮影/横関一浩)

認知症ケア「ユマニチュード」のデータ化を進めるエクサウィザーズの坂根裕さん(中)らスタッフと、東京医療センターの本田美和子医師。AIによるコーチングを実装し、教育と普及に役立てるという(撮影/横関一浩)

 ケアによって、認知症当事者の状態はもちろん、介護現場も大きく変わる。「よいケア」とは何か。AIを使ってケア内容を分析する試みが始まっている。

【写真】認知症ケア「ユマニチュード」を実践する様子

*  *  *
 受け入れるか、拒否するか、笑顔になるか、無反応か。受け手の反応を見れば、ケアの質に差があるとわかる。質のよいケアを、AIを活用して計測できないか。そうすれば、よいケアを誰もが実践しやすくなる。そんな試みが始まっている。

 昼下がり、福岡市・原土井病院に入院中の女性(91)を、介護福祉士の吉海真里枝さん(19)が口腔ケアを施すために訪れた。

 吉海さんはカメラ付きのメガネを装着している。吉海さんの視点のケア映像を記録し、専門家が分析するためだ。部屋に入り、どんな動線で近づいたか、目を合わせた角度などが、AIによって算出される。吉海さんは部屋をノックして女性と目を合わせ、近づいていく。仮にこの女性を川野さんとする。

「こんにちは、川野さん。今日は川野さんとお話ししようと思って来ました。いいお天気ですね」

 すると、女性の目に光が宿り、ほんのり頬に笑みが浮かんだ。

「少しベッドを起こしますね。大丈夫ですか? 川野さん、お口、開けられますか?」

 吉海さんが実践した認知症ケアは「ユマニチュード」という。「人間らしさ」を意味する仏語の造語で、体育学者のイヴ・ジネスト氏とロゼット・マレスコッティ氏が1979年に考案したコミュニケーションの技法だ。介護現場で「作業」になりがちなケアの始まりと終わりを「人の出会いと別れ」と捉え、アイコンタクトや話しかけ、触れ方などに独自のメソッドを持つ。現在欧州7カ国の600もの医療・介護施設で導入され、日本では、東京医療センターの本田美和子医師らがいちはやく注目し、啓発に力を注いできた。

 ケアを終えた吉海さんが言う。

「ありがとうございました。お口のまわりをふきますね。お口の中、きれいにしました。川野さん、ありがとうございました。また、来ますね」


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい