障害を芸術に昇華する「劇団態変」、追求するのは「未踏の美」

2018/11/02 16:00

「劇団態変」は、身体の変形など社会的には障害とされる特徴を、無二の個性として芸術に昇華する。35年にわたって劇団を率いる芸術監督の金滿里(キム・マンリ)さんが追求するのは、凝視の先にある「未踏の美」だ。

あわせて読みたい

  • 相模原・障害者殺傷事件で見えた「悪意」と「善意」

    相模原・障害者殺傷事件で見えた「悪意」と「善意」

    AERA

    10/12

    ヒーロー意識か 相模原殺人と附属池田小事件、秋葉原事件の共通点

    ヒーロー意識か 相模原殺人と附属池田小事件、秋葉原事件の共通点

    週刊朝日

    8/4

  • 衆院議員・野田聖子が語る「障害児の息子がくれたもの」

    衆院議員・野田聖子が語る「障害児の息子がくれたもの」

    AERA

    11/5

    「愛と正義を否定する」

    「愛と正義を否定する」"伝説の人"横田弘の思想

    BOOKSTAND

    5/8

  • 新型出生前診断の増加は障害児排除につながらないのか

    新型出生前診断の増加は障害児排除につながらないのか

    AERA

    10/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す