障害を芸術に昇華する「劇団態変」、追求するのは「未踏の美」

2018/11/02 16:00

「劇団態変」は、身体の変形など社会的には障害とされる特徴を、無二の個性として芸術に昇華する。35年にわたって劇団を率いる芸術監督の金滿里(キム・マンリ)さんが追求するのは、凝視の先にある「未踏の美」だ。

あわせて読みたい

  • 岡田准一/阿部寛/尾野真千子 映画『エヴェレスト 神々の山嶺』フレッシャーズ限定試写会でエール贈る

    岡田准一/阿部寛/尾野真千子 映画『エヴェレスト 神々の山嶺』フレッシャーズ限定試写会でエール贈る

    Billboard JAPAN

    3/1

    今治タオル人気も…染色工業は「生き残れるかの分水嶺」 染色組合が打った一手

    今治タオル人気も…染色工業は「生き残れるかの分水嶺」 染色組合が打った一手

    AERA

    3/17

  • 相模原・障害者殺傷事件で見えた「悪意」と「善意」

    相模原・障害者殺傷事件で見えた「悪意」と「善意」

    AERA

    10/12

    2015年の分水嶺【世界音楽放浪記vol.64】

    2015年の分水嶺【世界音楽放浪記vol.64】

    Billboard JAPAN

    9/17

  • ヒーロー意識か 相模原殺人と附属池田小事件、秋葉原事件の共通点

    ヒーロー意識か 相模原殺人と附属池田小事件、秋葉原事件の共通点

    週刊朝日

    8/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す