「天空のスパ」に病みつき? 評論家が厳選「値段以上」のホテル (1/4) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「天空のスパ」に病みつき? 評論家が厳選「値段以上」のホテル

このエントリーをはてなブックマークに追加
石臥薫子AERA#旅行
ザ・プリンスパークタワー東京/32階にあるプレミアムクラブラウンジ。29階から上の宿泊客のみが使える。チェックイン・チェックアウトもここで。東京タワーに手が届きそう(撮影/岸本絢)

ザ・プリンスパークタワー東京/32階にあるプレミアムクラブラウンジ。29階から上の宿泊客のみが使える。チェックイン・チェックアウトもここで。東京タワーに手が届きそう(撮影/岸本絢)

 これでもかと続いた今年の酷暑。全身お疲れ気味という人も多いだろう。そんな心と体をリセットしに、足を運びたくなるホテルを探してみた。豪華だけどお得、隠れ家……厳選セレクションをご覧あれ。

【厳選「値段以上」のホテルをフォトギャラリーでご紹介!】

*  *  *
 この「夏の疲れを癒やせるホテルを探す」という企画を始めるにあたって、はたと困った。記者は、出張や旅行でホテルを利用したことはもちろんあるが、いわゆる「自分へのご褒美」的な利用経験は皆無だったのだ。

 ゴマンとあるホテルの中から一体、どうやって読者にオススメのホテルを探し出せばいいのか。手がかりを求めて、サイト「All About」のホテルガイドで年間250日はどこかしらに泊まっているというホテル評論家、瀧澤信秋さんを訪ねた。

「私もよく、『どこのホテルがいいか』と聞かれますが、ほとんどの場合、答えに窮します。誰といつ行くのか。どのくらいの予算か。重視するポイントは何か。こうしたことが明確でない限り、万人にオススメのホテルなんて言えないんです」

 確かに。でも「誰といつ」や「予算」はあまり具体的に絞り込むと記者個人にしか役立たなくなるので、重視するポイントのみ最大公約数的に設定した。

(1)思い立ったらすぐ行けるロケーション。1日でリフレッシュできるように、移動は最小限に。読者が首都圏に多いことを想定し都内中心に選ぶ。ただし1カ所は関西から。

(2)疲れている体や心が「おっ」と反応するだけの「非日常性」があること。

 このポイントに沿って、瀧澤さんがこれまで「自腹でもまた行きたい」と感じたホテルを集めた『最強のホテル100』(イースト・プレス)などを熟読し、絞り込みを開始。最終的に瀧澤さんも「値段以上の価値あり」と太鼓判を押した四つのホテルをピックアップした。

 トップバッターのザ・プリンス パークタワー東京は、東京都港区の芝公園の「中」というちょっと変わった場所にある。緑の中の小径を抜けた先に現れる地上33階の別世界。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい