フランス映画の鬼才フランソワ・オゾン 新作は「自分を知りたい」気持ちを刺激するミステリー (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

フランス映画の鬼才フランソワ・オゾン 新作は「自分を知りたい」気持ちを刺激するミステリー

このエントリーをはてなブックマークに追加
坂口さゆりAERA
Francois Ozon/1967年11月、フランス・パリ生まれ。近作に「17歳」(2013年)、「彼は秘密の女ともだち」(14年)、「婚約者の友人」(16年)など(撮影/岸本絢)

Francois Ozon/1967年11月、フランス・パリ生まれ。近作に「17歳」(2013年)、「彼は秘密の女ともだち」(14年)、「婚約者の友人」(16年)など(撮影/岸本絢)

「2重螺旋の恋人」/「双子」をモチーフに、妄想と現実が入り乱れて展開する心理サスペンス。東京・ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開中 (c)2017 - MANDARIN PRODUCTION - FOZ - MARS FILMS - PLAYTIME - FRANCE 2 CINEMA - SCOPE PICTURES / JEAN-CLAUDE MOIREAU

「2重螺旋の恋人」/「双子」をモチーフに、妄想と現実が入り乱れて展開する心理サスペンス。東京・ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開中 (c)2017 - MANDARIN PRODUCTION - FOZ - MARS FILMS - PLAYTIME - FRANCE 2 CINEMA - SCOPE PICTURES / JEAN-CLAUDE MOIREAU

「しあわせの雨傘」 (c)Mandarin Cinema 2010

「しあわせの雨傘」 (c)Mandarin Cinema 2010

■もう1本 おすすめDVD「しあわせの雨傘」
 長編第1作となる「ホームドラマ」(1998年)以来、毎年のように新作を発表しているオゾン監督。「多くの俳優たちがこぞって出演したがる」と聞くが、それも納得。観客は、彼の映画を通して俳優の新たな魅力を発見することもしばしばだ。

 中でも衝撃だった一人が、「しあわせの雨傘」(2010年)でヒロインを演じた大女優カトリーヌ・ドヌーヴ。ドヌーヴ様といえば、「シェルブールの雨傘」(64年)や「昼顔」(67年)など数々の名作で知られ、誰もがひざまずかずにはいられない「絶世の美女」の代名詞だ。

 そんな彼女がここで演じるのは、のほほんと暮らしてきた雨傘工場の社長夫人。ブルジョア主婦と聞けばさもありなん。だが、冒頭からなんと真っ赤な上下のジャージー姿で登場。あり得ない取り合わせに心底驚かされた。

 何歳になっても挑戦を恐れず新境地を切り開く美貌の大女優。この映画を見て以来、ますますドヌーヴ様から目が離せなくなった。

◎「しあわせの雨傘」
発売元:ギャガ
販売元:ハピネット
価格1200円+税/DVD発売中

(フリーランス記者・坂口さゆり)

AERA 2018年8月13-20日合併号


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい