「傷つけられるのが怖い…」赤ちゃんを失った家族の声 死産の実態への反響とは?

2018/07/12 11:30

 AERA連載がもとになった『産声のない天使たち』(朝日新聞出版)の発売から3カ月。赤ちゃんの死という重いテーマに、たくさんの感想が届いている。体験した人もしていない人も、これまで声にできなかった“何か”を感じている。

あわせて読みたい

  • 「また授かるよ」も苦しい 悪気ない言葉で傷つくことも 南明奈さん、濱口優さん夫妻が死産を公表

    「また授かるよ」も苦しい 悪気ない言葉で傷つくことも 南明奈さん、濱口優さん夫妻が死産を公表

    AERA

    6/12

    我が子が「未滅菌」トレーに… 産院は天国と地獄が同居する場所だ

    我が子が「未滅菌」トレーに… 産院は天国と地獄が同居する場所だ

    AERA

    4/14

  • 同時期に母と生まれたばかりの娘を亡くし… 絶望の淵にいた私を救った夫の言葉

    同時期に母と生まれたばかりの娘を亡くし… 絶望の淵にいた私を救った夫の言葉

    AERA

    7/13

    間下このみが告白 息子の死で知った「不育症」との闘い

    間下このみが告白 息子の死で知った「不育症」との闘い

    AERA

    4/1

  • 亡くなった我が子と旅行に…悲しみをほぐしてくれたある人たちの行動

    亡くなった我が子と旅行に…悲しみをほぐしてくれたある人たちの行動

    AERA

    5/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す