「大きめ」スーツで台無し! 押さえておきたい「適正サイズ」 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「大きめ」スーツで台無し! 押さえておきたい「適正サイズ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
山本晃弘AERA

【男性編】スーツ¥150,000、シャツ¥23,000/ともにマッキントッシュ ロンドン(SANYO SHOKAI)ネクタイ¥9,000、チーフ¥4,000/ともにフェアファクス(フェアファクスコレクティブ)シューズ¥66,000/三陽山長(三陽山長 銀座店)【女性編】ジャケット¥79,000、スカート¥39,000、ブラウス¥21,000/すべてポール・スチュアート(SANYO SHOKAI)シューズ¥38,000/コール ハーン(コール ハーン ジャパン)[撮影:写真部・小山幸佑、hair & make up:須賀元子、styling:川田真梨子]

【男性編】スーツ¥150,000、シャツ¥23,000/ともにマッキントッシュ ロンドン(SANYO SHOKAI)ネクタイ¥9,000、チーフ¥4,000/ともにフェアファクス(フェアファクスコレクティブ)シューズ¥66,000/三陽山長(三陽山長 銀座店)【女性編】ジャケット¥79,000、スカート¥39,000、ブラウス¥21,000/すべてポール・スチュアート(SANYO SHOKAI)シューズ¥38,000/コール ハーン(コール ハーン ジャパン)[撮影:写真部・小山幸佑、hair & make up:須賀元子、styling:川田真梨子]

「仕事ができれば着こなしは関係ない」という考えは今は昔。ファッションへの気配りはビジネスにもプラスになる。かっこよくスーツを着こなすコツを伝授する。

*  *  *
「スーツについての悩みは何ですか?」。アエラスタイルマガジン・ウェブ版のスーツ世論調査では、そんな質問もしている。「ネクタイの結び方:11%」「Vゾーンの合わせ方:15%」「お手入れ方法:17%」といった回答を抑えて、圧倒的に多かった悩みが「サイズや着心地:57%」という回答だ。

年齢や職種を問わず、日本のビジネスパーソンの多くが、大きめのスーツを着てしまっている。一見してダブダブとわかるジャケットや、丈が長すぎて靴の上でヨレヨレに余っているパンツ。こうした着こなしをしている人が、いかに多いことか。

 今年3月に出版した『仕事ができる人は、小さめのスーツを着ている。』という書籍は、そういったビジネスパーソンに贈る着こなしルールブックとして、私自身が執筆したものだ。

 小さめに見えるスーツこそが、じつは適正サイズ。その書籍でも多くのページを割いて、正しいサイズの見分け方を説いている。それほど難しくない簡単な方法だ。ボタンを留めたときにシワのないジャケット。折り目が真っすぐにおりたパンツ。これが、適正サイズの見分けポイントである。

 ジャケットが大きすぎると、ボタンを留めたときに縦に走るシワが出る。小さすぎるジャケットは横向きのシワが出る。パンツのサイズであれば、クリースと呼ばれる折り目がひざ下から蛇行しているものは、裾が長すぎ。簡単に見分けられるので、スーツ姿で本誌を読んでいる方はすぐに確認してみてほしい。

 ジャケットの着丈は、どうだろう。男性の場合は、ヒップ半分、もしくは4分の3が隠れる程度。手を真っすぐにおろしたときに、スーツの裾を握れる程度という見分け方もある。

 ただし女性のジャケットの場合、着丈の考え方が異なる。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む


このエントリーをはてなブックマークに追加