VRで認知症の症状を再現 「偏見を想像力に変える」発案者の想い

ヘルス

2018/05/31 07:00

 5月中旬、神奈川県で開催された認知症の中核症状のいくつかを「バーチャルリアリティー(VR)で疑似体験する認知症体験会。参加者たちは、空間の位置関係を把握するのが困難になる「視空間失認」など生々しい体験を味わった。

あわせて読みたい

  • VRで認知症を擬似体験 当事者が見ている「恐ろしき世界」

    VRで認知症を擬似体験 当事者が見ている「恐ろしき世界」

    AERA

    5/31

    子どもを“認知症キッズサポーター”に 認知症に新たな取り組み

    子どもを“認知症キッズサポーター”に 認知症に新たな取り組み

    AERA

    11/8

  • 2月号福祉ジャーナリスト・元NHKキャスター 町永俊雄 Machinaga Toshio「当事者発信」という認知症の人の力

    2月号福祉ジャーナリスト・元NHKキャスター 町永俊雄 Machinaga Toshio「当事者発信」という認知症の人の力

    2/9

    「認知症を支える街」が全国に増加 54の自治体が保険による救済制度導入

    「認知症を支える街」が全国に増加 54の自治体が保険による救済制度導入

    週刊朝日

    11/6

  • 「認知症=絶望の病」は勘違い 薬より大事なことと身近なチェック

    「認知症=絶望の病」は勘違い 薬より大事なことと身近なチェック

    週刊朝日

    11/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す