週1回欠席するだけでも「不登校」、原因追究は無意味…意外に知らない不登校の真実

AERAwithKids

2018/05/04 11:30

 ゴールデンウイーク明けは、夏休み明けと並んで「子どもが学校へ行きたがらない」ケースが増えるといいます。いわゆる「行きしぶり」です。実際、不登校の小・中学生は年々増え続けています。実際にわが子に不登校の兆候が見えたらどうすればいいでしょうか。『AERA with Kids 春号』(朝日新聞出版)で、不登校の問題に詳しい、前東京都杉並区天沼小学校校長の福田晴一さんと、LITALICO研究所主席研究員の亀田徹さんにうかがいました。

あわせて読みたい

  • 不登校のほとんどがフリースクールに通わない3つの理由
    筆者の顔写真

    石井志昂

    不登校のほとんどがフリースクールに通わない3つの理由

    dot.

    6/22

    ある日突然、不登校に…子ども自身も「行けない理由がわからない」ことも 不登校新聞編集長に聞く

    ある日突然、不登校に…子ども自身も「行けない理由がわからない」ことも 不登校新聞編集長に聞く

    dot.

    6/24

  • 「一度学校を休んだら、登校できなくなってしまうのでは」 親の疑問に、不登校の専門家が回答

    「一度学校を休んだら、登校できなくなってしまうのでは」 親の疑問に、不登校の専門家が回答

    dot.

    6/26

    「不登校は必要な時間だった」 経験者が苦しむ子どもたちへメッセージ

    「不登校は必要な時間だった」 経験者が苦しむ子どもたちへメッセージ

    AERA

    8/30

  • 小中学生の不登校率が過去最多1.4%で13万人 でも85%は高校進学するって知ってた?

    小中学生の不登校率が過去最多1.4%で13万人 でも85%は高校進学するって知ってた?

    dot.

    10/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す