「世襲議員ばかり。役人を守る気などない」霞が関の官僚たちの「絶望」の声

安倍政権

2018/04/27 07:00

 霞が関の官僚にとって、昨年の流行語「忖度」は、死語になりつつあるのかもしれない。第2次安倍政権発足から5年あまり。さまざまな出来事が積み重なって、「絶望」すら見えた。

あわせて読みたい

  • 無気力な霞ヶ関 “忖度官僚”はこうして生まれる

    無気力な霞ヶ関 “忖度官僚”はこうして生まれる

    AERA

    6/25

    文科省は他の省庁と比べ腐っている? 前川元事務次官の答え
    筆者の顔写真

    前川喜平

    文科省は他の省庁と比べ腐っている? 前川元事務次官の答え

    週刊朝日

    12/13

  • 古賀茂明「官邸のえこひいきで堕落した官僚」
    筆者の顔写真

    古賀茂明

    古賀茂明「官邸のえこひいきで堕落した官僚」

    週刊朝日

    6/30

    古賀茂明「安倍政権の内閣人事局による官僚支配は諸悪の根源か?」
    筆者の顔写真

    古賀茂明

    古賀茂明「安倍政権の内閣人事局による官僚支配は諸悪の根源か?」

    dot.

    8/28

  • 「強い官邸」崩壊へ…小泉政権から始まった「官邸主導」が安倍政権を経て霞が関に及ぼした甚大なる被害

    「強い官邸」崩壊へ…小泉政権から始まった「官邸主導」が安倍政権を経て霞が関に及ぼした甚大なる被害

    dot.

    8/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す