人はなぜ宇宙に行くことができたのか? 火星探索技術開発者の答えは…

読書

2018/04/19 16:00

『宇宙に命はあるのか 人類が旅した一千億分の八』は、NASA(米航空宇宙局)ジェット推進研究所で火星探査の技術開発に従事し、人気コミック『宇宙兄弟』の監修協力も務める小野雅裕さんが、人類の謎に挑む、壮大な宇宙の旅の物語だ。小野さんに、同著に寄せる思いを聞いた。

あわせて読みたい

  • 宇宙に命はあるのか

    宇宙に命はあるのか

    週刊朝日

    4/18

    月面での国際レース 日本から唯一出場するチームは

    月面での国際レース 日本から唯一出場するチームは

    AERA

    8/22

  • NASA「想像できなかった世界へ」発展止まらぬ宇宙探索の意外な課題とは

    NASA「想像できなかった世界へ」発展止まらぬ宇宙探索の意外な課題とは

    AERA

    4/16

    宇宙探査はオール人類で新時代へ 「地球低軌道からその先へ」を合言葉に

    宇宙探査はオール人類で新時代へ 「地球低軌道からその先へ」を合言葉に

    AERA

    4/15

  • チーム人類で宇宙を招く! 人類の活動領域、ついに地球外進出へ

    チーム人類で宇宙を招く! 人類の活動領域、ついに地球外進出へ

    AERA

    4/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す