求められる「自ら考えられる社員」 AI社会で生き抜く人材のヒント (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

求められる「自ら考えられる社員」 AI社会で生き抜く人材のヒント

このエントリーをはてなブックマークに追加
市岡ひかりAERA

スターティアの思考力を鍛える「ジュニアボード」では、終業時間後に希望した社員が集い、1年を通じて課題本に関する議論や新規事業の立案などを行う(撮影/編集部・市岡ひかり)

スターティアの思考力を鍛える「ジュニアボード」では、終業時間後に希望した社員が集い、1年を通じて課題本に関する議論や新規事業の立案などを行う(撮影/編集部・市岡ひかり)

 AI社会で生き残るために不可欠なのは、正しい読解に基づいた思考力。状況や文脈から理由や背景を読み解き、論理的に説明するのはAIには難しいからだ。企業も社員の読解力向上に動き出している。

「なぜ」を問える社員を育成し、AI社会を生き抜こうとする企業も。電子ブックの作成ソフトなどを開発するスターティアホールディングス(東京都新宿区)では、「自ら考えられる社員」の育成を目指した研修「ジュニアボード」を実施している。

 3月某日、終業後の会議室から熱を帯びた発表が聞こえてきた。

「ぜひ、新規事業への融資をお願いいたします」

 ジュニアボードに参加する社員が1年の研修を経て企画した新規事業の発表日。しかし、発表を終えるやいなや、別の参加者からは鋭い指摘が飛んできた。

「本当に収益が上がるの? 具体的にどんなニーズを想定しているのか」

 参加者は、20代を中心とした起業を目指す社員だ。新規事業や社内ベンチャーを起こせる思考力のある社員を育てようと、04年にスタート。実際に過去の経験者からは子会社の社長になる人も出ている。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい