竹内智香「何度立っても、五輪は特別で、最高の舞台だった」 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

竹内智香「何度立っても、五輪は特別で、最高の舞台だった」

連載「黄金色へのシュプール」

このエントリーをはてなブックマークに追加
竹内智香AERA#五輪#竹内智香

竹内智香(たけうち・ともか)/1983年12月生まれ。スノーボードアルペン種目選手。ソルトレーク、トリノ、バンクーバーと冬季五輪に続けて出場し、2012年12月にはワールドカップで初優勝。ソチ五輪では日本人女性スノーボード選手で初のメダルとなる銀メダルを獲得。5度目の五輪となる平昌では5位入賞を果たした

竹内智香(たけうち・ともか)/1983年12月生まれ。スノーボードアルペン種目選手。ソルトレーク、トリノ、バンクーバーと冬季五輪に続けて出場し、2012年12月にはワールドカップで初優勝。ソチ五輪では日本人女性スノーボード選手で初のメダルとなる銀メダルを獲得。5度目の五輪となる平昌では5位入賞を果たした

平昌五輪で5位に入賞した竹内。周囲の支えがあってこその成果という(写真:本人提供)

平昌五輪で5位に入賞した竹内。周囲の支えがあってこその成果という(写真:本人提供)

 平昌五輪では惜しくも5位入賞となったスノーボード女子アルペン・竹内智香選手が「AERA」で連載する「黄金色へのシュプール」をお届けします。長野五輪を観て感動し、本格的に競技をスタートした竹内選手の日々の様子や思いをお伝えします。

【平昌五輪で5位に入賞した竹内選手の写真はこちら】

*  *  *
 何度立っても、五輪は特別で、最高の舞台でした。私にとって5度目となった勝負の瞬間。結果は、5位に終わりました。

 これまで連載を読んでくださった皆さんは、私が平昌五輪で金メダルを取ることにかける思いを、共有して頂いていたと思います。前回のソチ五輪決勝。そこで転倒し銀メダルという結果になった瞬間から、4年後の2018年への戦いが始まりました。この4年の間にさまざまなことが起きたのも、この連載でたくさん記してきました。原因不明のアレルギーに悩まされたこと、膝のケガを負ってしまったこと、あらためて選手としての自分の体を見つめ直し、初めて本格的にフィジカルトレーニングに励んできたこと。決して、平坦な道ばかりではなかったですが、平昌までの取り組みに後悔はないことは、胸を張って言えます。

 やっぱり金メダルは欲しかったですし、そこに対する悔しさは一生消えることはないと思います。ただ、今回5度目の五輪を経験し、あらためて五輪ってこんなに難しい舞台なんだなということも再認識しました。それと同時に、私が残してきたこれまでの結果もまた、当たり前のことではなかったんだと。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい