西郷隆盛に“キセルはげ”? 末裔が語る偉人たちの素顔 (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

西郷隆盛に“キセルはげ”? 末裔が語る偉人たちの素顔

このエントリーをはてなブックマークに追加
熊澤志保AERA#歴史
東京・南青山の鹿児島料理「霧島地鶏 きばいやんせ」で座談会を開催。左から西郷隆太郎さん、島津義秀さん、大久保洋子さん(撮影/門間新弥)

東京・南青山の鹿児島料理「霧島地鶏 きばいやんせ」で座談会を開催。左から西郷隆太郎さん、島津義秀さん、大久保洋子さん(撮影/門間新弥)

左から川路利樹さん、島津久崇さん、坂本匡弘さん(撮影/門間新弥)

左から川路利樹さん、島津久崇さん、坂本匡弘さん(撮影/門間新弥)

幕末・明治の人物相関図(AERA 2018年3月12日号より)

幕末・明治の人物相関図(AERA 2018年3月12日号より)

 大河ドラマ「西郷どん」で注目される幕末と維新の豪傑たち。ドラマや教科書の中で語れない彼らのリアルな姿を、西郷隆盛をはじめとする末裔たちに聞いた。

【幕末・明治の人物相関図はこちら】

●末裔座談会の参加者
島津家の子孫/島津義秀さん(54)
しまづ・よしひで/1964年生まれ。島津家の筆頭分家である加治木島津家第13代当主。初代当主忠朗は島津中興の祖・義弘の孫にあたる。鹿児島・精矛神社宮司。薩摩琵琶の弾奏者

大久保利通の子孫/大久保洋子さん(52)
おおくぼ・ようこ/1965年生まれ。明治の元勲で初代内務卿の大久保利通の直系の玄孫

西郷隆盛の子孫/西郷隆太郎さん(35)
さいごう・りゅうたろう/1983年生まれ。西郷隆盛本家直系の5代目(玄孫)

坂本龍馬の子孫/坂本匡弘さん(52)
さかもと・まさひろ/1965年生まれ。坂本龍馬の長兄・権平の直系子孫。郷士坂本家10代目当主

島津家の子孫/島津久崇さん(25)
しまづ・ひさたか/1992年生まれ。加治木島津家第14代。大学在学中に神職の資格を取得、精矛神社権禰宜を務める

川路大警視の子孫/川路利樹さん(40)
かわじ・としき/1977年生まれ。日本警察の父と呼ばれ、初代大警視(現在の警視総監)である川路利良の来孫

*  *  *
──ご先祖の意外なエピソードはありますか。

西郷隆太郎:隆盛はカステラが大好きで、大久保と侃々諤々の議論をしていて、「もうよか!」と席を立っても、カステラはしっかり持って出ていった、という話があります。キセル好きで、キセルで頭を掻く癖があったそうです。キヨソネが描いた肖像画には、右頭部にキセルはげがあります。肥(こえ)が着物についたときは、「よか柄になった」で済ませて、肥料が減ったのを心配したそうです。器が大きいから、慕われたのかもしれませんね。

島津義秀:義弘公は文禄・慶長の役に、瞳孔の大きさで時間を計るために、7匹のネコを連れていきました。うち2匹が生き残って鹿児島に戻りますが、1匹のトラネコを義弘公の子の久保(ひさやす)が可愛がり、ヤスという名をつけた。そこから、尻尾の短いトラネコのことを鹿児島ではヤスネコと呼びます。我が家もネコを飼っていて、名前はキキです。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい