大手企業研修に「美術鑑賞」 製造業の現場でも導入される理由

企業

2017/12/03 11:30

 今、美術鑑賞を通して、作品について見えるものを語り、他者の意見を参考に観察を深める「対話型鑑賞」という取り組みが企業から注目を集めている。もともとはニューヨーク近代美術館(MoMA)で開発されたものだが、日本では京都造形芸術大学アートプロデュース学科が授業に導入し先導的役割を果たしている。

あわせて読みたい

  • 美術で「芸大から医学部へ」 学生を激変させた「対話型鑑賞」とは?

    美術で「芸大から医学部へ」 学生を激変させた「対話型鑑賞」とは?

    AERA

    12/2

    日本の美を自然体で表現する「千住博展」に注目!

    日本の美を自然体で表現する「千住博展」に注目!

    tenki.jp

    3/13

  • ポスト又吉は誰? 次世代読書芸人が決まる

    ポスト又吉は誰? 次世代読書芸人が決まる"本の野外フェス"開催

    BOOKSTAND

    2/25

    まるで“恐怖政治” 自民党が密告サイトを開設

    まるで“恐怖政治” 自民党が密告サイトを開設

    週刊朝日

    7/22

  • 欧米のビジネスエリートが“美意識”を磨く意外な理由

    欧米のビジネスエリートが“美意識”を磨く意外な理由

    AERA

    12/15

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す