ウワサのAI作曲の実力やいかに 記者がやってみたら…

2017/09/02 16:00

 何やら聴き慣れぬ音色が近づいてくる。奏者の姿は見えない。正体は、新たな展開をみせているAI(人工知能)。人間と協調して演奏し、わずか数十秒で作曲もするとか。AERA 9月4日号ではAI時代の音楽を見通すアーティストや動きを大特集。人間と音楽、そしてAIのトリオが奏でる曲とは、一体何かを探る。

あわせて読みたい

  • AI作曲は「絞り込み型なら人間以上」 TM NETWORK小室哲哉

    AI作曲は「絞り込み型なら人間以上」 TM NETWORK小室哲哉

    AERA

    8/31

    自動作曲AIソフトの著作権は誰のものに?

    自動作曲AIソフトの著作権は誰のものに?

    AERA

    9/4

  • AI作曲は“人間っぽく”が成功のカギ 「ボカロ」にみるヒットの秘訣

    AI作曲は“人間っぽく”が成功のカギ 「ボカロ」にみるヒットの秘訣

    AERA

    8/31

    「AIに音色・声質選ぶ“センス”あるのか」 作曲家・ピアニスト新垣隆

    「AIに音色・声質選ぶ“センス”あるのか」 作曲家・ピアニスト新垣隆

    AERA

    9/2

  • 人工知能が音楽をつくる時代がきた! 作詞・作曲・歌唱AIの実力とは?

    人工知能が音楽をつくる時代がきた! 作詞・作曲・歌唱AIの実力とは?

    東大新聞オンライン

    9/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す