動く「わが家」キャンピングカー 親子もシニアもペット連れも満足! (1/4) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

動く「わが家」キャンピングカー 親子もシニアもペット連れも満足!

このエントリーをはてなブックマークに追加
浅野裕見子AERA
会社員 諸岡昭一さん(54)/車体のイラストはアジア雑貨店のオリジナルキャラ。「使用許可をお願いしたらシールを作ってくれた」。車内の雑貨はすべて同店で揃えた(撮影/工藤隆太郎)

会社員 諸岡昭一さん(54)/車体のイラストはアジア雑貨店のオリジナルキャラ。「使用許可をお願いしたらシールを作ってくれた」。車内の雑貨はすべて同店で揃えた(撮影/工藤隆太郎)

元会社員 落合和雄さん(69)/愛車はTACOS社のWith525。同社とは20年以上の付き合いで、ビルダー主催のオーナーズキャンプも常連。「中を見たい、っていう人には進んで公開してますよ。仲間が一台でも増えたら嬉しいから」(撮影/工藤隆太郎)

元会社員 落合和雄さん(69)/愛車はTACOS社のWith525。同社とは20年以上の付き合いで、ビルダー主催のオーナーズキャンプも常連。「中を見たい、っていう人には進んで公開してますよ。仲間が一台でも増えたら嬉しいから」(撮影/工藤隆太郎)

フリーITエンジニア 高橋光さん(48)/ケージにはトイレや水飲み用の容器も。「僕は一人者ですが、犬たちは全員雌です(笑)」。自宅でも車内でも自炊はいとわないが、冷蔵庫の中はお酒が中心(撮影/工藤隆太郎)

フリーITエンジニア 高橋光さん(48)/ケージにはトイレや水飲み用の容器も。「僕は一人者ですが、犬たちは全員雌です(笑)」。自宅でも車内でも自炊はいとわないが、冷蔵庫の中はお酒が中心(撮影/工藤隆太郎)

日本特種ボディー会長 江田敏夫さん(55)/ふすまを閉めれば、車に見えない高級な和室。「SINOBI」は日本特種ボディーの最新モデル(洋室も可)。「僕自身が最も厳しいユーザーとして、使用感をチェックしています」という自信作だ(撮影/工藤隆太郎)

日本特種ボディー会長 江田敏夫さん(55)/ふすまを閉めれば、車に見えない高級な和室。「SINOBI」は日本特種ボディーの最新モデル(洋室も可)。「僕自身が最も厳しいユーザーとして、使用感をチェックしています」という自信作だ(撮影/工藤隆太郎)

キャンピングカー車種別早わかりコラム(AERA 2017年8月14-21日号より)

キャンピングカー車種別早わかりコラム(AERA 2017年8月14-21日号より)

 キャンピングカー人気が止まらない。街なかでも、高速道路やサービスエリアでも、やたら目にするようになったキャンピングカー。実際のところ、どんなものなの?

【キャンピングカー車種別早わかりコラムはこちら】

 梅雨明け直後の週末。東京郊外のモリパーク アウトドアヴィレッジ(昭島市)では小規模なキャンピングカーショーが開かれていた。炎天下の会場には、関東近郊のビルダー(メーカー)やディーラーのキャンピングカーやトレーラーが、ずらり60台以上。会場脇では車中泊大会が開かれ、こちらにも愛好家たちの車が40台以上並んでいる。

 お揃いのワンピースと帽子に身を包んだ咲月ちゃん(8)と千智ちゃん(6)は、消防士のパパと、会社員のママの4人家族。愛車は2年前に中古で購入したキャブコンだ。父親の黒尾真也さん(37)も幼いころ、叔父所有のキャンピングカーに乗せてもらったのだという。

「それがすごく楽しかったんです。親になった今、子どもにもそんな経験をさせてあげたくて」

 仕事柄、大きな車を運転することに抵抗はない。古い車両だが「天井のクロスは自分たちで張り替えて壁づけ収納もDIY。そんなところも含めて、楽しい」。子どもたちもキャンピングカーは大好き、と声をそろえる。「家にいるときよりも、旅に出るとよくお手伝いしてくれるようになりましたね」と、妻の絵理さん(37)も満足気だ。

●趣味のベースにも

 釣りが趣味という諸岡昭一さん(54)、祥子さん(49)夫妻は埼玉県川越市在住。気が向くと静岡の伊東あたりまで足を延ばして海釣りを楽しんでいる。愛車はTACOS社のキャブコン「With525」。

「買ったころ小学4年生だった娘も今は高校生。あまり親と遊んでくれなくなったので、最近はもっぱら夫婦と飼い猫2匹との旅ですね」(昭一さん)

 車内後部の常設ベッドが猫たちのお気に入りの場所だとか。ただし、ベッド下が収納になっていて、車外から収納のドアを開けると猫たちが脱走してしまう恐れが。

 そこで、ベッド上にはガーデニング用のフェンスをセット。猫を気にすることなく釣り竿やバケツ、折り畳み自転車などを取り出せるように工夫した。キッチンには調理道具がずらり。

「釣った魚もその場でさばけるし、便利ですよ」(同)

 ライフスタイルに合わせてカスタマイズする愛好家も少なくない。キャンピングカー歴30年のベテランユーザー、落合和雄さん(69)は、定年退職後の、悠々セカンドライフを満喫中だ。

「先週も1週間、妻とふたりで新潟旅行をしてきました」

 ダイネット(食卓)の上に畳を敷き、テーブル下を収納にアレンジ。畳には小さなこたつを置いて和室仕様に。「ガスヒーターの吹き出し口がふさがってしまったので、自分でダクトを延長した」。こんな改造も、長年付き合いのあるビルダーとの信頼関係あってこそ。旅はもっぱら、趣味の札所巡りや温泉が中心で、食事はほとんど外食だとか。

「旅先でまで料理しなくていいよって妻には言うんですよ。だから冷蔵庫もビール冷やすだけ(笑)」

 見事な愛妻家ぶり、ごちそうさまでした。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい