マリオになる?釣りをする? この夏は「VRで変身」が旬! (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

マリオになる?釣りをする? この夏は「VRで変身」が旬!

このエントリーをはてなブックマークに追加
長倉克枝AERA
「マリオカート アーケードグランプリVR」 VR ZONE SHINJUKU (東京・新宿)/アトラクションは16種類。入場料に四つのアトラクションを楽しめるチケットがついて4400円。予約制だが、空きがあれば当日券もある。年中無休。午前10時から午後10時まで(撮影/今村拓馬)

「マリオカート アーケードグランプリVR」 VR ZONE SHINJUKU (東京・新宿)/アトラクションは16種類。入場料に四つのアトラクションを楽しめるチケットがついて4400円。予約制だが、空きがあれば当日券もある。年中無休。午前10時から午後10時まで(撮影/今村拓馬)

VRお化け屋敷「CORRIDOR」(東京・赤坂→台場)/8月末まで赤坂サカスで開催中のイベント内で無料体験できる。会期中は無休で、営業時間は午前11時から午後9時まで。10月以降はお台場のダイバーシティ東京プラザ内に、常設施設としてオープン予定だ(撮影/今村拓馬)

VRお化け屋敷「CORRIDOR」(東京・赤坂→台場)/8月末まで赤坂サカスで開催中のイベント内で無料体験できる。会期中は無休で、営業時間は午前11時から午後9時まで。10月以降はお台場のダイバーシティ東京プラザ内に、常設施設としてオープン予定だ(撮影/今村拓馬)

「釣りVR GIJIESTA」 VR ZONE SHINJUKU(東京・新宿)/友人や家族と同時にプレイするアトラクションが多い。料金や休業日などは「マリオカート アーケードグランプリVR」と同じ(撮影/今村拓馬)

「釣りVR GIJIESTA」 VR ZONE SHINJUKU(東京・新宿)/友人や家族と同時にプレイするアトラクションが多い。料金や休業日などは「マリオカート アーケードグランプリVR」と同じ(撮影/今村拓馬)

「サークル・オブ・セイバーズ」VR PARK TOKYO(東京・渋谷)/アトラクションは11~12種類。90分間遊び放題で、平日は3300円、休日は3500円(当日入場の場合)。予約もできる。年中無休。営業時間は午前10時から午後11時半(撮影/編集部・長倉克枝)

「サークル・オブ・セイバーズ」VR PARK TOKYO(東京・渋谷)/アトラクションは11~12種類。90分間遊び放題で、平日は3300円、休日は3500円(当日入場の場合)。予約もできる。年中無休。営業時間は午前10時から午後11時半(撮影/編集部・長倉克枝)

●初心者にはお化け屋敷

 VRゴーグルを使ったアトラクションの欠点は、「VR酔い」。車酔いのような状態になりやすいことだ。VRゴーグルで見る映像と、実際の身体のズレによって起こる。アトラクションの多くは1回5~10分間程度だが、4~5個のアトラクションを体験するとドッと疲れる。

 VR酔いを避けて楽しむにはどうしたらよいのか。

 まずは、酔いにくいアトラクションから体験しよう。やってみないと酔いやすいかどうかがわからないことが多いので、スタッフにおすすめを聞くのがいい。記者が体験したアトラクションの中では、冒頭のマリオカートのような座って楽しむタイプより、歩きながら体験するなど、実際に身体を動かすタイプのほうが、不快感や酔いを感じにくかった。

 この意味で初心者におすすめなのが、VRゴーグルをつけて室内を自由に歩き回るVRお化け屋敷「CORRIDOR(コリドー)」だ。8月末まで東京・赤坂サカスのイベント内で体験できる。

 VRゴーグルをかぶって、2人1組で楽しむ。VRゴーグルはパソコンとつないで使うため、行動範囲に制限があることがほとんどだが、リュックのようにPCを背負うことで、5×8.5メートルの室内を自在に歩き回れるようにした。

 VRゴーグルにヘッドホン、片手にはランタン。そしてもう一方の手でパートナーと一緒に輪投げの輪のようなものを持って、古くて暗い洋館の中を歩く。床には「魔法陣」のような幾何学模様が浮かび上がり、経路が示される。ひとつずつ部屋を訪ねると、おばけが出てきたり小さな虫が部屋中にいたり……。

 暗い屋敷の映像を見ながらゆっくり歩いていくため、映像と身体の動きのズレが起きにくく、結果的に酔いにくい。また、作り込まれた映像が美しいので、不快感がない。ファンタジーの物語の世界に入り込むVRらしい体験ができる。

 制作を手掛けたティフォンの深澤研CEOがイメージしたのは、「子どもの頃から好きだったディズニーランドのホーンテッドマンションのような体験」だという。

●ルアー釣りが「上達」

 VR施設でできるのは「なりきり」体験だけではない。

 前出「VR ZONE SHINJUKU」の「釣りVR GIJIESTA(ギジエスタ)」ゾーンではその名の通り釣りを体験できるが、これを繰り返していればおそらく、釣りの「スキル」が身につく。

 釣り竿を右手に持ちVRゴーグルをかぶると、山に囲まれた湖畔の風景が広がった。体験するのはルアー釣り。2人でルアー釣り対決をして、6分間に釣った魚の数とサイズを競う。小学生のころにやって以来だが、とりあえず、ヘッドホンから聞こえるスタッフの指示通りにやってみる。

「大きく竿を振りかぶって、振り下ろすときに、向こうの山を指さすようにしてリールから指を離してください」

 何度か練習すると、ルアーが遠くまで飛んでいくようになった。ゆっくりリールを回すと魚がかかったようで、釣り竿が引っぱられるような感覚。急いでリールを回すと、釣り竿の先には大きな魚が。思わず「やった!」と声を上げてしまった。

 この夏は、遠くに出かけなくてもいいのでは。(編集部・長倉克枝)

AERA 2017年8月14-21日号


トップにもどる AERA記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい