“論理”と“探究” 学校でムリなら塾で学べ

教育

2017/06/02 07:00

 2030年。あなたの子どもは何歳だろうか。ちょうどこの頃、社会の中核を担うのは今の中高生だ。AI(人工知能)の進化で仕事も働き方も急速に変わり始めた。変化の加速度を考えると、学校選びの基準もこれまでと大きく違ってくる。もう「教育改革」など待っていては、わが子の成長に間に合わない。AERA 2017年6月5日号では、「AI時代に強い中高一貫・高校選び」を大特集。

あわせて読みたい

  • ブリ、サケ、サンマ、アジ…この中で白身魚は? わかった人はスゴ過ぎ!赤身と白身の定義
    筆者の顔写真

    岡本浩之

    ブリ、サケ、サンマ、アジ…この中で白身魚は? わかった人はスゴ過ぎ!赤身と白身の定義

    AERA

    2/10

    「昼間に魚が釣れにくいのはなぜ?」 小さな研究者が編み出した実験方法とは
    筆者の顔写真

    山田洋文

    「昼間に魚が釣れにくいのはなぜ?」 小さな研究者が編み出した実験方法とは

    AERA

    6/7

  • 子どもの好奇心に火を付ける 街や河原が教室の「探究塾」とは?
    筆者の顔写真

    山田洋文

    子どもの好奇心に火を付ける 街や河原が教室の「探究塾」とは?

    AERA

    4/26

    高い偏差値の大学を出ても社会で通用しない? 「文系か理系か」対立に終止符を打つSTEAM教育

    高い偏差値の大学を出ても社会で通用しない? 「文系か理系か」対立に終止符を打つSTEAM教育

    AERA

    1/30

  • 世界トップティーチャーが教える 休校中の家庭学習で「勉強しなさい」より大切な3つのこと

    世界トップティーチャーが教える 休校中の家庭学習で「勉強しなさい」より大切な3つのこと

    dot.

    4/29

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す