孫文とともに中国革命をめざした日本人…いまなぜ宮崎滔天?

中国

2017/05/26 16:00

 宮崎滔天は右翼ではなく世界革命夢見たコスモポリタンだ。『謀叛の児 宮崎滔天の「世界革命」』の著者である加藤直樹さんが、AERAインタビューに答えた。

あわせて読みたい

  • 片山杜秀さん「右翼は反体制的にもなる」

    片山杜秀さん「右翼は反体制的にもなる」

    AERA

    5/6

    追悼式で異変も 「右派」色強める小池百合子に大ブーイング

    追悼式で異変も 「右派」色強める小池百合子に大ブーイング

    週刊朝日

    9/7

  • 九月、東京の路上で

    九月、東京の路上で

    週刊朝日

    6/11

    「こんなになっても死ぬ気はない」白蓮の愛する人への手紙

    「こんなになっても死ぬ気はない」白蓮の愛する人への手紙

    AERA

    9/3

  • 革命を目指す東大生も…あえて「左翼」「右翼」に飛び込む若者たち

    革命を目指す東大生も…あえて「左翼」「右翼」に飛び込む若者たち

    AERA

    1/29

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す