本土復帰45年の沖縄で「幻の建議書」関係者が語る「復帰は間違いだった」 (2/5) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

本土復帰45年の沖縄で「幻の建議書」関係者が語る「復帰は間違いだった」

渡辺豪AERA#沖縄問題
米軍普天間飛行場の代替施設として政府が地元の反対を押し切って進める新基地建設。4月25日には埋め立ての第1段階として、石材が辺野古の海に投入された(沖縄県名護市) (c)朝日新聞社

米軍普天間飛行場の代替施設として政府が地元の反対を押し切って進める新基地建設。4月25日には埋め立ての第1段階として、石材が辺野古の海に投入された(沖縄県名護市) (c)朝日新聞社

女性暴行殺人事件の遺体遺棄現場の献花台。一周忌には翁長雄志知事も花を手向け、冥福を祈った(沖縄県恩納村)(撮影/編集部・渡辺豪)

女性暴行殺人事件の遺体遺棄現場の献花台。一周忌には翁長雄志知事も花を手向け、冥福を祈った(沖縄県恩納村)(撮影/編集部・渡辺豪)

不屈の政治家として名をはせた瀬長亀次郎氏の次女で「不屈館」館長の内村千尋さん(那覇市)(撮影/編集部・渡辺豪)

不屈の政治家として名をはせた瀬長亀次郎氏の次女で「不屈館」館長の内村千尋さん(那覇市)(撮影/編集部・渡辺豪)

 敗戦と占領の残滓が色濃くにじむ沖縄で、復帰は何だったのか、との問いが繰り返されるのは必然といえる。「祖国復帰運動」は、基本的人権や平和憲法を明記した「憲法の下への復帰」がスローガンだった。

「だれもが評価する『戦争放棄』はピカピカに輝いていましたからね。しかし結局、ピカピカの平和憲法の下に帰るということをもって、復帰の真相が覆い隠された面もあったのではないでしょうか」

 復帰運動を牽引した屋良朝苗主席の下、琉球政府職員として「復帰措置に関する建議書」の策定に携わった宮里整さん(84)=那覇市=は、淀みない口調でこう続けた。

「私は今、冷静に振り返れば、復帰運動は間違いだったという結論に行き着いています」

●危機感訴える「建議書」 缶詰めになり作成

「建議書」は、復帰準備作業が本土政府ペースで進められ、県民の意向が反映されていないことに危機感を抱いた当時の琉球政府が、沖縄側の反論と要望を日本政府に訴えるためにつづった全132ページの文書だ。

 復帰を翌年に控えた71年10月。那覇市の八汐荘の畳敷きの大広間は男たちの熱気に包まれていた。顔を真っ赤にして議論する者、食事時間も惜しんでどんぶり鉢を片手に黙々と資料をあさる者……。顔ぶれはさまざまだったが、共通の使命を負っていた。琉球政府の若手職員ら約30人と学識経験者からなる「復帰措置総点検プロジェクトチーム」の中に、行政管理課から選ばれた宮里さんもいた。建議書は彼らが缶詰め状態で1カ月足らずでまとめた。

 翌11月17日、屋良主席は建議書を携えて東京に向かう。しかし、羽田空港に到着する直前、衆院特別委員会で自民党が沖縄返還協定を強行採決した。これが、のちに「幻の建議書」と呼ばれるゆえんとなる。

 建議書の印象的な一節を紹介したい。

「県民が復帰を願った心情には、結局は国の平和憲法の下で基本的人権の保障を願望していたからにほかなりません。(中略)復帰に当たっては、やはり従来通りの基地の島としてではなく、基地のない平和の島としての復帰を強く望んでおります」(建議書「はじめに」)


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい