東浩紀「仏大統領選で問われた グローバリズムの賛否」

eyes 東浩紀

東浩紀

2017/05/16 16:00

 批評家の東浩紀さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、批評的視点からアプローチします。
*  *  *
 仏大統領選でマクロンが選ばれた。反EUを掲げるルペンは負け、昨年の英国民投票、米大統領選と続いた反グローバリズムの奔流はいったん押しとどめられた。安堵の息を漏らした読者も少なくないだろう。

あわせて読みたい

  • フランス大統領選の本当の勝者

    フランス大統領選の本当の勝者

    AERA

    5/17

    津田大介「大統領選をも左右するフェイクニュース」
    筆者の顔写真

    津田大介

    津田大介「大統領選をも左右するフェイクニュース」

    週刊朝日

    5/11

  • 東浩紀、仏の反マクロン政権デモ「起こるべくして起こったとも」
    筆者の顔写真

    東浩紀

    東浩紀、仏の反マクロン政権デモ「起こるべくして起こったとも」

    AERA

    12/13

    EUもNATOも離脱訴え 仏ルペン氏、木村三浩氏に語る

    EUもNATOも離脱訴え 仏ルペン氏、木村三浩氏に語る

    週刊朝日

    2/23

  • 東浩紀「トランプが体現する政治と経済の矛盾」
    筆者の顔写真

    東浩紀

    東浩紀「トランプが体現する政治と経済の矛盾」

    AERA

    2/4

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す