“テツの聖地”書泉グランデで人気な国鉄色鉛筆

鉄道

2017/04/10 07:00

 国鉄が解体し、7社のJRが発足して30年。株式上場を機に、脱テツドウにシフトする会社があれば、お先真っ暗な未来にアタマを抱える会社あり。現在のリストラなど働く人たちの労働環境悪化は、国鉄解体に原点があるとの指摘も。「電車の進化」などさまざまな切り口で30年を検証していく。AERA4月10日号では「国鉄とJR」を大特集。

あわせて読みたい

  • まさに昭和レトロ…国鉄カラーの「特急あずさ」がレンタカーで“復活”

    まさに昭和レトロ…国鉄カラーの「特急あずさ」がレンタカーで“復活”

    dot.

    11/27

    魅力的な電車は「西高東低」だった? JRになって最も進化したこととは

    魅力的な電車は「西高東低」だった? JRになって最も進化したこととは

    AERA

    4/8

  • オヤジも興奮 国鉄色を再現した懐かし車両

    オヤジも興奮 国鉄色を再現した懐かし車両

    AERA

    4/9

    皇族専用の“お召し列車”に乗れる方法があった!

    皇族専用の“お召し列車”に乗れる方法があった!

    dot.

    2/16

  • 邪魔な母子に土下座強要、撮り鉄のマナー暴走中

    邪魔な母子に土下座強要、撮り鉄のマナー暴走中

    AERA

    4/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す